スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:レストラン

最近のローゼンベルグはアグリコラやル・アーブルなどの超大型ゲームで稼いでいるが、彼の往年の代表ゲームといえば「ボーナンザ」である。もうひとつ「マンマミーヤ」も定番中の定番だが、今もシリーズが続いているってのが「ボーナンザ」のすごさというか、愛され方を物語る。
で、その「ボーナンザ」の特徴としてよくピックアップされるのが“手札の順番を変えちゃダメ”なのだが、これと同じ縛りを使った小箱ゲームを、ローゼン先生は作っている。それが今回紹介する「レストラン」だ。

res1.jpg
ASSの小箱。ASSで小箱と言えば「バトルライン」の前身的立ち位置の「ショッテントッテン」が有名だろう。
AMIGOなどの小箱に比べると一回り大きい。

res2.jpg
中身。
エンボスはしっかり効いている。少々大き目なカード。
メインとなる料理カード以外に、LRカード、それに得点カードが入っている。
また、どうやら得点カードが足りないと思った時に使うと思われるコインチップも入っている。

res3.jpg
で、先に書いた通りこのゲームは手札の順番を入れ替えてはいけない。
ただしボーナンザよりももひとつ厳しくて、重要なのは横並びにした時の“順番”。なので、右に広げるか左に広げるかで並びが変わってしまう。そういう並びの変え方もだめ。だからプレイヤーがカードをどちらに広げているかを表すカード付というわけだ。

さて、ではこのカードの並びを使って何をするのか。

res4.jpg
場に並んでいるメニューと同じ並びになっている3枚以上のカードをプレイすることで、それを得点源とすることができる。
手順としては、手番プレイヤーがまず手札を1枚調整し、そのあと場に並んだカードに手札から1枚を重ねて置くことができる(要は自分の都合の良いように場のメニューを調整する)。その上でまずは手番プレイヤーが自分の手札と場のカードの並びを比べて、得点源の確保を目指すのだ。

res5.jpg
手番以外のプレイヤーは場札を調整することこそできないが、自分の手札を1枚調整することができる。
その後に手番プレイヤーと同じように合致するカードの並びをプレイするという具合だ。

ちなみにこの得点源となったカードは、そのままが得点になるのではなく、10枚セットで1コインと交換。
ただし手札5枚と場札5枚が一致した場合は、フルコースということでいきなり1コインをもらうことができる。

基本的なところはそのくらいかな。
少々作業的なパズルゲームという印象で、かつゲーム終了条件まではけっこう時間がかかる。
ウヴェ先生といえどこういうこともある。

【評価】
   4.jpg
【所感】
イラストの可愛さと、テーマの小奇麗な感じは好印象です。ただ、ゲームとして面白いかというと、少々退屈なパズル、というのが正直な感想です。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。