スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ビッグバントーナメント第三十八夜~マルチバースを覆う影

世界中から年代、ジャンルを飛び越えて集まったメチャイケでヤバいゲームのバトルロワイヤル。
それがビッグバントーナメントだ。
今回はメリケン的コミック世界“センチネルズ・オブ・ザ・マルチバース”を舞台にしたカードゲームの登場だ。

◆センチネルズ・オブ・ザ・マルチバース
doomjjj1.jpg
オリジナルのコミックワールド“センチネルズ・オブ・ザ・マルチバース”を舞台にしたデッキ構築済み協力ゲーム。
ヒーロー、ヴィラン、環境を組み合わせることで毎回異なるシチュエーションが楽しめる、、、ということになっている。

一回目は惑星を次から次へと侵略している戦闘民族とそれを率いるグランドウォーロード・ヴォスとの対決。
ヒーローはMAXの6人。ヴィジョナリー(オビ湾)、レガシー(タカタくん)、タキオン(CQQ1Q6Q)、アブソリュートゼロ(タムラ)、レイス(いた師)、ラー(神ゴッド神仏)。

ヴォスの高い体力と沸きまくる雑魚キャラに苦戦すると思いきや、タキオン、レイスの活躍で取り巻きを一掃し、ヴォス本人を2ターンにわたりフルボッコにすることに成功。楽々の勝利を収めた。
これが難易度3か。

いた師「楽勝でしょ。次は上級ルールでいきましょ」
このゲームには上級ルールという名のヴィランブースと設定があり、これを採用することで敵が強くなるのだ。
ということで2戦目。

doom2.jpg
地球最強の人類、太陽の子シチズン・ドーンとシチズンジュニアたちとの対決。
アブソリュートゼロ(オビ湾)、ファナティック(CQQ1QQ9)、テンペスト(タカタくん)、バンカー(タムラ)、ハカ(いた師)、レイス(神ゴッド神仏)。

写真はガジェット準備を万端にしてフルパワーのオビ湾アブソリュート・ゼロ。
ただし今回はいろいろとめぐりあわせが悪かった。

今回の環境は「プリマリス島」というシチズン・ドーンの居住地なのだが、ここの火山効果がプレイヤーの人数分だけ全員がダメージを受ける、、、というもので、しかもカードの巡り会わせが最悪で3ターン目にして半数が死亡。
しかもシチズンキッズたちが攻撃はしないくせにカードを捨てさせるとか、最悪のコンボを組みはじめて全員意気消沈。お通夜みたいな雰囲気になって全滅。

期待していた分の面白さとアクティビティを持っているのでまったく問題ないが、どうやら人数が多いと事故率も高くなりそうだ。
バックストーリーにかけられたエネルギーが半端じゃなく、拡張シリーズがキックスターターで目標額の10倍で成功しているのもうなずける。
まぁ、半分ばかげーなんだけど、その粗さ込みでアメコミでしょう。なんかかっこよければそれでいい。

サータナカマが置き去りにしたタカタ君には悪いことをした。ドゥームナイトはドイツゲーマーの壁をはるか昔に突き破ってしまったジャンクゲーマーたちの集まりなのだ。

◆スカイライン
doom3.jpg
キックスターターでグランドフロアのおまけみたいにつけられていたというゲーム。
ルール聞いた段階で面白そうな要素は見つけられないが、実際やったところでその印象も大して変わらなかった。いや、そこまで悪いわけじゃないんだけども。価格帯を聞いてちょっと引いた。1500円くらいが妥当なゲーム性だと思う。
パッと見ではわからないんだけどダイスには3種類あって、これが自然に見分けられないとプレイアビリティに著しく問題が出てくる。その点では酷いコンポーネントといえる。
ちなみにアートワーク自体はそこそこに良い。

以上。
来週はネットランナーによる遠隔操作マラソン。

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。