スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:動物博士

アドルングのゲームばかり紹介していると気を病みそうになるんだけど「動物博士」シリーズは数少ない例外だ。本サイトでは「恐竜博士」の紹介しかしていなかったので本家本元を追加したい。

animal1.jpg
アドルング箱。
いまさら特筆することもないミニキャラメル箱。

animal2.jpg
中身。動物カード。
「動物博士」シリーズは新しいアイテムが出るごとにUIが良くなっているのだが、これは最初のひとつなので少々ショボい。つまるところ通常のアドルング品質である。右のオウムみたいなのは恐竜博士に入っていた動物博士のプロモ、だと思ってたんだけど、動物博士に同じのがもともと入ってた。
で、ルールは「恐竜博士」と同じなのでその記事より荒っぽく書く。

animal3.jpg
ヒロゲル。

animal4.jpg
オダイデル。

animal5.jpg
アツメル。

ということで、みんなが思う存分集めたら、お題にあっているかそれぞれ答え合わせをしていく。間違ってたら合ってたカードと一組にして捨てる。
残ったカードは得点ね。

これを規定条件まで続けて世界一の動物博士を決めるゲームだ。
これがアドルングでは珍しくまともに評価されて「ヨーロッパの動物博士」「海の動物博士」と言った具合に派生している。

【評価】
   6.jpg
【所感】
複数枚のカードを取るカルタって場が混乱してアクティビティにもならないと思っているんですが、このゲームは正誤があるので混乱しすぎることがなくてよいですね。アドルングのライトゲームは軽いというより浅いゲームが多い印象ですが、これは腰が据わっています。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。