スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:南極の飛び込みペンギン

おととしから小箱ロワイヤル(※)に参加しているイロペリの2012年新作「カエルの飛び込み大会南極の飛び込みペンギン」。
より優雅な飛び込みができるのは誰なのかについて、ペンギンたちがコンテストを開こうとしている。っていうシチュエーション。
※そんなイベントはありません

pengin1.jpg
イロペリ小箱。アミーゴとかよりちょっと大きい。
名前を度忘れしたんだけど、例の角度によって絵が変わるシートが箱表面にくっついていた。すぐはがして捨てちゃったけど。

pengin2.jpg
中身。カード。エンボス。ペンギン。
構成は広辞苑の例文にも載っている「これでドメモが遊べる」って奴。(1が1枚、2が2枚、3が3枚、4が4枚、あとは想像におまかせします)
それぞれペンギンが飛び込みポーズをとっている設定だと思う。

pengin3.jpg
プレイングはいたってシンプルーで、手番のプレイヤーは1枚ずつ山札からカードをめくってテーブルの中央に並べていく。これがチキンレースになっていて、めくったカードの数字が2枚目だった場合はドボン(手番終了)である。これ以上はヤバいと思ったらそれまでに出たカードを得点として確保することができる。
前述の通りカード構成は広辞苑の例文にも載っている「これでドメモが遊べる」って奴なので、数字が大きいカードが出ているほど、次のカードが被る可能性が高い。
ちなみに飛び込みが失敗した場合、次のプレイヤーは前のプレイヤーが並べたカードを引き継いでチャレンジすることもできる。

で、これだけだとただのチキンレース。
もちろんそれでも「魔女とチョコレート」のように楽しく遊ぶこともできるだろう。
ただこのゲームの作者は、そこになんとかインタラクションをもたらしたかったらしい。手番外のプレイヤーに“賭け”という選択肢を与えてきた。

pengin4.jpg
手番プレイヤーがカードをめくる毎に、手番外プレイヤーは「ドボンになるor手番プレイヤーが下りる」に確保済みのカードを1枚賭けることが出来る。当たればカードを裏向きにすることができ(カードの裏には3点マークが!)、外れれば手番プレイヤーにカードを進呈する格好だ。
まぁ、そのほうがゲームになるのはわかるんだけど、ポージングの毎に賭けるか賭けないかとか、テンポ悪いしテーマ的にも意味わからんよね。
あと、ちょっと特殊効果があったりするけど省きます。

pengin5.jpg
最後に、おなじイロペリ社の小箱ゲーム「骸骨島」の中にこのゲームのプロモカードが入っている。どこにも説明がないのでわかりにくいが、本家サイトに行くと一応経緯がのぞける。「こんなカード使ったヴァリアントルール・コンテストやります」ってことで、選ばれたルールが載ってます。和訳は載せないことにしたので、適当に見たってちょうだい。

【評価】
   5.jpg
【所感】
ライトなチキンレースですね。各プレイヤーが得点化したカードが表向きでたまってくるので、カウントせずとも危険度がわかります。こういうの、ペンギンじゃなくて人間の方がシュールで好きです。これでドメモが遊べます。


| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。