スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:トイレ

名作小箱を多くリリースしているシュタウペ先生の新作はマイナーメーカーNSV(シュティッヒルンとかブクブクを再販している)からの「トイレ」。
見た目と言いテーマと言い「お金は臭わない」に似ているが、ウンコ棒も入っていないし、ゲームとしてもすこぶる面白いので大変おすすめである。
※注:トイレに行ったら手を洗いましょう。

toire1.jpg
Amigoより一回り大きい小箱。カード枚数はダブルデッキくらいだと思う。
数字と色(スート)が記載されているカードには、エンボス加工が施されており、イラストも綺麗だ。
ちなみに裏面はトイレットペーパーのアイコンとなっており、これはマイナス点の勘定にも使われる。

toire2.jpg
2枚のトイレが設置され、その横に最初の人を1人ずつランダムに引いて並べたら、ゲーム開始。
プレイヤーはカードプレイングを経て、この列に自分のカードが置けるように頑張るのである。
※注:トイレに行ったら手を洗いましょう。

toire3.jpg
毎ターン、プレイヤーはカードを1枚選んで一斉に表向ける。
※注:トイレに行ったら手を洗いましょう。
この時プレイされたカードで最も大きい数字のプレイヤーと、小さい数字のプレイヤーがトイレカードの横の待合列にカードをプレイすることが出来る。
それ以外のプレイヤーはプレイしたカードを裏向き(トイレットペーパー)にして、マイナスカードということで自分の前に置いておく。

ただし!最大最少のプレイヤーでもカードを置くには条件がある。
カードを置こうとしているトイレの列に、同じ色のカードも、同じ数字のカードもないこと。後、トイレに行ったら手を洗うことだ。
もしこの条件が満たせない場合は、列に加えることは不可能。

そうなると初期手札は大切だが、6や7ばかりでも悲観することはない。
もちろん上にも下にも極端な数字の方が強いのだが、同数も同色もアウトという縛りのおかげで、真中の方の数字にも可能性が生まれている。そもそも全員が上端を目指した場合は真中でも十分下端を狙えるのだ。(と言っても、極端な数字のほうが俄然使いやすいのは事実なので割り切りましょう。)
※注:トイレに行ったら手を洗いましょう。

toire4.jpg
また、トイレの列の5番目のカードをプレイしたプレイヤーは、ご褒美に清掃カードをもらうことが出来る。清掃カードを持っているとマイナス点を緩和できるのだが、これが3枚あるとすべてのマイナスがナ~~シヨ!になるので大きい。
※5枚並んだ瞬間に前の4枚が消滅する。つまり、このトイレは4人乗りだ!
※注:トイレに行ったら手を洗いましょう。

toire5.jpg
てなわけで手札を使い切ったらマイナス点の清算。
トイレットペーパーの数に応じたマイナス点を受け取るのだ。
これ3回やって終わり。

【評価】
   8.jpg
【所感】
とてもオーソドックスな、トイレに行ったら手を洗うカードゲームです。
目新しいところはないですが、ドイツ式カードゲームの良いところがうまくマネジメントされ、まとまっています。久々のマストバイ小箱です。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。