スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:かしこい農夫

アナログゲーム界最少のサイズに拘り
60枚のカードであらゆるジャンルに挑む
アートワークは二のつぎ三のつぎ
時にはロングセラー&キラータイトルを輩出し
時には(?)ヤバいタイトルをちょちょいとリリース
一部のコレクターにのみ熱狂的な支持を受ける超小箱 of the World!
人はそれを"魔のアドルング海峡"と呼ぶ。エヘエヘ。

kasikoi1.jpg
今日は「かしこい農夫」。
7.5ユーロ。そして色々と心配にさせる絵。
一応これ、神経衰弱系のメモリーゲームである。と言っても4枚以上を当てなければならないルールで、かつその場を自分達で作っていくというのが特徴だ。

イラストからはプロフェッショナルな雰囲気が一切漂わず、特に足元あたりに描かれた草や柵は後からマジックで書いたようにも見える。
しかしこれが下手可愛いく見えるから不思議である。動いていることを表現していると思われる体周りの細かな線は、まるで生まれたばかりの赤ちゃん動物がプルプルしているようで母性本能をくすぐる。

kasikoi2.jpg
手番が来たら山札からカードを1枚めくって、みんなにも見えるように動物を確認する。
(動物はブタ、ヤギ、ヒツジ、ロバ。和むセレクトだ。)
その後、それまでに出されていたカードと合わせて1列になるように置く。隙間があるときは隙間に入れて、そうでないときは両端を伸ばす。
こうして伸びていくカードを広い牧場と捉えてほしい。アドルングの陰気なマークが並ぶだけなので想像しにくいかもしれないが、牧場をイメージすることでこのゲームの和み度がアップする。

で、最後にオプションとして、
「牧場に●●が4匹以上いる!」
と思ったら、チャレンジを宣言することができる。

kasikoi3.jpg
チャレンジでは、牧場の列に並んでいるカードをめくっていき、同じ動物を連続して4枚当てることを目指す。
見事に当てられればそれらのカードは得点として自分の前へ。(おそらくドナドナされているのだと思います。)

もしチャレンジに失敗した場合は、次のプレイヤーには「前のプレイヤーが成功していたところから、チャレンジを継続する」という選択肢もある。
継続する場合は前のプレイヤーが開いた動物を開いたままにできるが、普通に一手番カードをプレイしてから、改めてチャレンジを挑んでもよい。(目標の動物が出ればより楽になります。)

kasikoi4.jpg
これ、最初のうちは覚えていられるんだけど、何回か得点化して、さらに横列も増えてくると全然わからなくなってくる。絵もかわいいし牧場っぽいし、メモリーゲームの変形としては良い感じだ。

あ、そうそう書き忘れたけど、このゲームはミヒャエル・シャハト王の作品である。

【評価】
   5.jpg
【所感】
場を組み立てていきながら、その場でメモリーゲームするっていうのは、これまでにもあったようななかったような気がしますが、とりあえずシンプルにまとまってて面白いなと思います。この狭い選択の出し方とか、地味にシャハトらしいゲームだなと感じました。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。