スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ArtWork通信 ポルトガル発Gil Areaisによる、Kurt MiLLerインタビュー

"CAMPO &t´s My SchOOOL"を運営しているポルトガルのGil Areais氏が新たにインタビュー記事を紹介してくれた。
今回はKurt MiLLer氏。
「アーカムホラー」や「コロッサルアリーナ」。それから「ハンニバル」など、シリアスでリアルなイラストが特徴の人気アーティストである。
hannibalr.jpg

Kurt Miller Interview
カート・ミラーへのインタビュー


GiL – 今までにアートワークを担当したボードゲームはどのくらいありますか?ちなみに今、アートワークを手掛けているボードゲームはありますか?

Kurt – ああ、え~っと、多分ボードゲームが75個くらい、それからニンテンドーDSなどのコンピューターゲームを25個くらいやったかな。大抵はそのカバー(箱絵)とボードのみを手掛けることが多いけど、その他の要素もすべて請け負って手掛けることもあるよ。
携わったゲームは例えば「エイジ・オブ・ルネッサンス」(これは僕のお気に入りのゲームなんだけどね)とか、新作では「Triassic Terror」とかだね。あと「Dragon Valley」のように個人が出版したものもある。
他には「ドミニオン」の一部もそうだし、Giochi Unitiの「Provincia Romana」、FFGの「アーカムホラー」、Twilight Creationの「ゾンビーズ」などがそうだよ。
今はStratelibriから出ているWWⅠを舞台にした複葉機が活躍するゲームで、「Blue Max」の拡張にとりかかっているところさ。

bluemax.jpg

続きは"CAMPO &t´s My SchOOOL"に掲載されているので、興味を持った方は是非。(英語)
※本記事はGil Areaisの許可を得て作成しています。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。