スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ワイルドだぜぇ

毎年拡張リリースが続くゲームはいくつかあるが、毎年シリーズの新作が出るのは「ボーナンザ」くらいのものだろう。2012年のボーナンザシリーズ最新作は「ワイルドだぜぇ」。ボーン・トゥ・ビー・ワイルドというわけである。2012年は他にもオリジナルイラストの「ボーナンザ」が出ていたと思うが、さすがに国内流通しないので手元にはない。

wildda1.jpg
上からのアングルだとわかりづらいんだけど、カード枚数が極端に多いため普通の小箱の1.5倍くらいの厚みがある。パケ絵はシリーズの中でも一二を争う良さ。
ちなみにこのパケ絵からもわかるとおり、今回のテーマはワイルドであり、イラストもアメーリカな感じに統一されている。ワイルドワイルドウェストだ。

wildda2.jpg
というわけで一新されたカードイラスト。
全て実在する豆で、これまでのシリーズにはないもの。
ここでボーナンザフリークなら気づくだろう変更点がある。今回の豆は最高4段階ではなく、5段階目のボーナメーターがある。"ワイルドだから"だろうだ。ふーん。

ちなみに基本ルールは通常のボーナンザとあまり変わらないので、変更点を中心に紹介する。

wildda3.jpg
まず一番の特徴として、ワイルド効果なるものがある。
例えば真ん中の列の上から2番目のカードには、「カード+1枚分」という効果がついている。
また、右列3枚目のカードにはまた別の効果がついている。
注目してほしいのはワイルド効果の表示位置で、真ん中の列のものはカードが重ねられても消えないが、右列のものはカードが重ねられるとその効果を失うのである。

他にも目立たないがいくつかの変更点がある。
wildda4.jpg
まず、特殊な交渉が増えた。
その時交換できるカードを持っていなくとも、後から自分の手番で山からカードをめくったとき、そのうちの何枚かを必要であれば提供する、というものである。借用書みたいなものだ。

また手番中に「山からカードを2枚めくり、それを自分の畑に植えるか交換するか」という手順があるのはご存知として、ここにも変更が加えられている。今回は「山からカードを3枚めくり、必要であれば1枚を捨て、それ以外を自分の畑に植えるか交換するか」となっている。
この手順はボーナンザの非常に苦しい部分であったのだが、これが大きく緩和された。
このように変更点は主にキツキツだったところを緩める感じになっているため、巷では「ゆとりボーナンザ」と言われてるとかいないとか。

wildda5.jpg
また、今回のボーナンザは2人で遊べるだけではなく、ソロプレイにも対応している。
手札からの豆植えと、場に並んだ3つのグループからの豆植えを繰り返して80ターラーを目指す。
コレ、なかなか悪くないぞ。

【評価】
   8.jpg
【所感】
ボーナンザは難しいゲームですが、そこの敷居をちょっと低くしたタイトルです。ただ、ボーナンザを初めて遊ぶ人とやった際に「ワイルド効果がよくわからない」ということが起こったので、初心者用に使用するのであればワイルド効果を無視してやるのが良いように思います。


| trackback:0 | commnet:1 | BACK TO TOP |

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/15(火) 23:27:44 | | #[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。