スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:タマゴリッチ

2012年のゲームマーケットで頒布された3人用ゲーム「タマゴリッチ」は、やや懐かしいドイツ臭を醸すバッティング・チキンレースなスモパブゲームだ。
日本の同人ゲームの中では珍しいアフリカ人(と思われる)が出てくる。
頒布元はサークルコンセプション。

tamagorich1.jpg
萬印堂タイプの小箱。
テーマにするタマゴはダチョウの卵だ。タイトルの”リッチ”はたぶんオストリッチから。
ダチョウの卵と言えば抗鳥インフルエンザウィルスとかなんとかでマスクが話題。(だった。)
実は中身を食べたことがあるが、あの時は鶏卵のありがたさを思い知ったものだ。

tamagorich2.jpg
中身。
プレイヤー3人分の色別カード一式とタマゴカード、それにタマゴビーンとコハクビーン。
イラストは味があるし、タマゴビーンの卵っぽさは良い具合。

まずは自分の色のカード一式を受け取り、その中から2,3,5,7の数字付タマゴブクロ(以下、玉袋)を取り出して自分の前に並べる。これは各プレイヤーが持っている卵を入れるための袋で、書かれている数字が入れられる卵の数量の上限値である。

残ったカードはプレイヤーがゲーム中に卵を取るために提示するカードである。
要は手札。なくならない手札。詳細は後述。

tamagorich4.jpg
続いてタマゴカードの山札から1枚を公開する。
タマゴカードにはそのラウンドで配られる卵の母数がかかれている。
それに対して各プレイヤーが手札を1枚裏向きでだし、一斉公開。

ちょっと話は戻るが、プレイヤーの手札は玉袋カードと同じ構成、つまり2,3,5,7の数字が1枚ずつある。さらにSkip1枚を追加して合計5枚だ。
これはそのラウンドで配られるカードをどの玉袋に入れるつもりなのかを表しているのだ。ご察しの通り、Skipは「このラウンドはタマゴいらんす」という意思表示である。

このカードの結果、ラウンドで配られる卵は"Skipを出していないプレイヤーに均等に配られる"。(端数は切り捨て。)
配られた卵は前述の通り宣言した自分の玉袋に入れなければならない。

tamagorich5.jpg
で。
その結果、玉袋の上限値を超えてしまったら…
なんと袋は破れてしまい、二度と使えないしそれまでシコシコ貯めたタマゴもおじゃんである。Oh!Dear!
要はSKIP。その時点の玉袋で、この量のタマゴが出て、SKIPを出しそうなやつがいるかとか、そうでなくてもSKIPこいて酷い目にあわせようとする奴がいるとか、そういうシンプルな思惑が楽しめるのだ。うむ。これは面白い。

tamagorich3.jpg
加えてアクセントになっているのがコハクビーン(タマゴカードに少量混入)である。
コハクビーンとは、ジュラシックパークでティラノサウルスを作る合体素材となったアレだ。
コハクビーンに対するカードの提示は通常通り行い、その中で唯一SKIPを出したプレイヤーがいたらそいつのものになる。点数高い。
二人以上SKIPを出したり、誰もSKIPを出さなかったりしたら蒸発する。

これが中々よく考えられていて、(説明しそこねたが)手札は次のラウンドのカードプレイ後まで帰ってこないため、SKIPを使用した次のターンで出てくると取ることができない。
かといって、2人以上SKIPを出しても取れないのである。
では2人以上が手札にSKIP出してるから絶対に取れないかというとそれは別の話で、前述の通りSKIPは大変重要なカードであるため「コハクビーン取れないなら出したくない」というのが普通の思考である。これが事故を誘発する。

このゲーム、どうにもならないときはどうにもならないのだが、それくらいのラフさが丁度良く楽しめる雰囲気である。すごくいいんじゃないだろうか。

【評価】
   7.jpg
【所感】
シンプルな読みあいが楽しめるゲームで、お勧めです。
コンポが特殊なのが難しいのかもしれませんが、大手メーカーからパケ変えて出
てもおかしくないです。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

タマゴリッチは地球を救う
カードオープンのときの掛け声を「タマゴリッチ!」というのがウチのハウスルールです。
だんだんと何がリッチなのか分からなくなってきておススメです!
2013/04/18(木) 09:20:48 | URL | oec #-[ 編集]
あそう。
2013/04/18(木) 18:34:42 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。