スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ウィザード15周年版

本サイトでもちょくちょく名前が出てくる定番トリックテイクゲーム「ウィザード」。GPから出ている日本語版は見た目も質もお勧めできないが、Amigoのドイツ語版がイラストを含めて素晴らしいというのは何度も書いている通りだ。

さて、今回紹介するのはその「Amigo版ウィザード」の15周年版だ。
小箱カードゲームの雄であるAmigoは、10年を超えるロングセラーの人気タイトルをこのような記念版でリリースすることがままある。
例えば「6ニムト」や「ボーナンザ」で同様の記念版が発売されている。

wizard15.jpg
記念版は基本的に缶入りになる。
ただ「ウィザード15周年版」はコンポーネントが増えているので分厚いサイズに拡張されている。

wizard152.jpg
中身。
カードと得点メモ用紙…は通常版と同じ。
それに加えて記入用の鉛筆と、豪華ウィザード銀貨が付属している。

ルールは「ウィザード」と同じなのでそちらを参照してほしい。
今回はコンポの違いのみに触れていく。

wizard153.jpg
カードの裏のデザインが少し異なっている。
左が15周年版、右が通常版だ。
銀色が入って若干のスペシャル感。
ちなみに「6ニムト記念版」も裏の牛が金色になっていたように思う。

wizard154.jpg
ウィザード銀貨。
詳しくないので材質は何だかよくわからないけど、重みのあるしっかりした金属だ。
この銀貨はゲーム中の予測において"獲得トリック数"の宣言で使用される。「七つの印」のチップと同じような使い方だ。

以上、スペシャルになった「ウィザード」。
大会が行われるほど定番なゲームなので、好きな方はこちらを持たれるのはいかがだろうか。

【評価】
   8.jpg
【所感】
小箱缶は凹んだり傷が付いたり嵩張ったりして評判が悪いですが、一応"豪華"という扱いなのでしょうね。ゴムとか無くても蓋が閉まるというのは利点です。
ウィザード15周年版は何と言っても銀貨でしょう。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

銀貨さえあれば他はいらない
2013/04/24(水) 12:58:16 | URL | 鬚親父 #-[ 編集]
容れ物のない銀貨はいらない
2013/04/25(木) 19:55:24 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。