スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:リミット

アミーゴ小箱カードゲームをまた。「リミット」。
2人からでも十分に楽しめる。

IMG_0793.jpg

特に設定が無さそうな見た目だとなかなか買おうと思えないものだが、こういうのに限って面白かったりする。でもこの「ちょっとまった!!」って感じはいい。
アミーゴなのでもちろんづるづるカード。

「リミット」という名前のとおり、ある一線を越えないようにプレイヤー同士がカードをプレイしていくゲームである。リミットを越えたプレイヤーにはマイナス点だ。

IMG_0794.jpg

ラウンドが始まったばかりの様子。
プレイヤーには5枚のカードが配られて、内容は5色の手形のみ。
場には5色それぞれに数字が書いてあるリミットカードが1枚公開される。
このリミットカードに書かれている数字がこのラウンドに置いてよい各色の制限枚数である。

さらに、このゲームのポイントになるルールがある。
各プレイヤーは5枚の手札から1枚を伏せて手元においておく。
この伏せてあるカードは、その色の制限枚数を増やす効果がある。つまり各自が秘密裏にどの色かの制限枚数をアップさせているのだ。

IMG_0803.jpg

準備ができたらスタートプレイヤーから順にカードを1枚ずつ置いていく。
こうして置いていくカードが制限を超えたらNGとなる。

自分の手番ではカードを置く以外に、
・誰かを告発する。
・手札の4枚が同じ色になったのを清算する。
の2つの行動がある。

もし自分の手番までの間に誰かがいずれかの色で制限をオーバーしたと思ったら、「●●が、△色でオーバーした!」と告発する。
告発したら、まずは全プレイヤーの伏せてあったカードを表返し、リミットカードの数字に足して最終的な制限枚数を確認する。
そして告発されたプレイヤーが出したカードが制限を超えていなかったかを確かめる。

IMG_0800.jpg

告発が当たっていたら告発したプレイヤーは+1点。当てられたプレイヤーはリミットカードを受け取る。
リミットカードの裏には-2点と書かれている。
もし告発が外れていたら受け取るカードはまったく逆になる。

もう1つの選択肢(同じカード4枚を清算する)を行うには、手札のカード4枚がすべて同じ色である必要がある。
4枚同じ色がそろったらまずそれを公開する。そして2枚は伏せて補充カードの山に乗せる。のこり2枚は通常通りリミットカードの上に置く。そして+1点を受け取ることができる。

告発が当たっても+1点しかもらえないゲームなので、このボーナス点は意外と大きい。
ただ4枚そろえるまでに手札が偏るのと、いざ2枚をリミットカードに置くときにも制限を超えないように注意しなくてはならない。

このようにラウンドをこなしていって、リミットカードがすべてなくなったらゲーム終了。
手元のプラス点とマイナス点をたしてもっとも多いプレイヤーの勝利。

もちろんリミットカードの数字を暗記するのが大事だが、ひとのブラフも読まなくてはいけないという両立の難しいジレンマが楽しめる。

【所感】
手軽で、かつ多様な面白みを感じることのできるゲームです。人によっては記憶のみに集中したり。
カードが色鮮やかなのもいいです。初心者を含んでも、少人数でも、楽しめると思います。
| trackback:0 | commnet:5 | BACK TO TOP |

コメント

僕もリミットお気に入りゲームの1つです。
自分にとってはこのゲーム、自分の心との戦いですw

カードゲームはいいですよね。次はこれにする?みたいな感じで手軽にできるのがいいです。ボードだとこうはいきませんから。カードゲームは重宝しますよね。
2008/03/09(日) 23:16:55 | URL | FuruFuru #-[ 編集]
私も先日購入しました
ローゼンベルクにしたらシンプルなゲームで私もお気に入りです
(といっても一筋縄ではいかないですが)
2人でも結構面白いですね
2008/03/09(日) 23:29:13 | URL | 鬚親父 #-[ 編集]
鬚親父さん FuruFuruさん こんばんわ

カードゲームは準備にも時間かからないですしね。どんな人にとっても壁と言うか、ストレスがないですよねぇ。便利です。

ローゼンベルグはこれに限らず結構好きかもです。
ってか、これって絶版になったって本当ですかね?
2008/03/09(日) 23:45:07 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
絶版みたいですね
ちょっと地味だったのでしょうか?
2008/03/10(月) 20:41:33 | URL | 鬚親父 #-[ 編集]
そっか~。まぁしょうがないですかね。
本国でもそこそこ売り切って、細々生産するくらいならラインを他に割いた方がいいんでしょうね。

次なる良いゲームに期待です!
2008/03/10(月) 22:50:41 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。