スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ロボトリノ

国際展示場ゲームマーケット2013頒布の同人ゲームも色々と遊んだが、中でもダークホース的な位置づけから半径数メートルで大躍進の評判になっているのが十式ゲームワークスの「ロボトリノ」である。
十式ゲームワークスは昨年のゲームマーケットで「中の人なんていない!」を頒布したサークルだ。当サイトではレビューするにはまだ数プレイ必要な対象としているためプレイ記録くらいしか残っていないが、それはまた別の機会に紹介しようと思う。

robotorino1.jpg
萬印堂サイズの真っ白な化粧箱。だったのだが、購入時に熨斗紙みたいについていた紙を自分で糊付けしてそれらしい見栄えにしてみた。
小箱エッセンシャルハーバリストたるものこれくらいしてあげて当然である。

romotorino2.jpg
中身。
5色のロボットカードが各1,2,3,4の4枚ずつ。それに特殊カード4枚が5セット。
カードの質は悪くない。イラストは何とも気の抜ける感じで「世界征服を企む科学者たちが~」という序文を頭に入れて見るとなんとも愛らしく感じてしまう。
後は切り札表示用の色サイコロが2つ。「中の人なんかいない!」にも入っていた昭和インスパイアなプラスティック片が多数。

robotorino3.jpg
このゲームは人数によってだいぶ印象が変わるのだが、最もお勧めなのは3人プレイである。(ちなみに前作の「中の人なんかいない!」も3人くらいが良いのではと思う。)
使用するのは人数分のスートのロボットカードと特殊カード。ロボットカードはシャッフルして全員に配る。特殊カードは各自1セットずつ受け取る。

ここでポイントなのが、それぞれ受け取ったロボットカードを上の写真のように公開するのだ。あらかじめ誰がどんなカードを持っているのか、把握できるのである。

robotorino4.jpg
全員のカードを把握したら、そのラウンドのトリックに向けてロボットカードと特殊カードを組み合わせ、4セット分すべてのプロットを行う。

ここでトリックの基本ルールを説明しておこう。
基本は切り札スートが一番強く、続いて数字勝負である。トリックに勝てばポイントが手に入る。
また、併せて出す特殊カードは「切り札スート変更」「数字強弱反転」「効果なし」「効果なし」という構成になっており、数字勝負に加えて特殊カードによる思惑の交差がゲームを面白くしている。

という具合にこのゲームはトリックテイクには違いないのだが、前述のとおりラウンドの最初に全てセッティングを行わなければならない。

そんなんでトリックが成立するんかい!?と思ってしまうが、ここで面白い仕掛けが1つある。
「最初のリードプレイヤーは最初のロボットカードを表向きにして出す」
というルール。
これをヒントにして4回にわたるトリックの進行を予想し、プロットするのである。
この4回分の思惑の読みあい、というのがギリギリ見渡せる視界の範囲になっており、なんとも具合が良い。

robotorino5.jpg
トリックは1セットずつオープンにして勝敗を決めていく。×4回。
言うまでもなく特殊効果の応酬が肝になるのだが、特殊効果はバッティングすると効果を失うというルールがよく機能している。
強い数字でリードしたプレイヤーが、強弱反転を出してきそうな相手に対して強弱反転で潰しに行こうとする、でも読み間違えると自爆する。そういう化かし合いが楽しめるゲームなのだ。

あとこれはMADDOGタムラに言われて気づいたのだが、最初に全てをプロットして後は自動処理なので、トリック進行中に自分の思惑やらなんやらを、感想戦みたいにその場でワイワイ話せるのである。これがロボトリノをより楽しめる環境を作っている。素晴らしい。

【評価】
   8.jpg
【所感】
変形トリックテイクは世の中に数あれど、これほど楽しくて斬新なものはそうそう出てこないと思います。絶妙な見通しの中で繰り広げられる心理戦。しかし一つ戦略がずっこければたちまちパーティーゲームの楽しさ。ほんと良いです。
ちなみにこのゲームは3人がベストだと思うのですが、2人プレイでも面白いそうです。そして、色サイコロが2つ入っているので、2人と3人に分かれて遊ぶことができます。し、親切というかなんというか…。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。