スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:スシゴー

ちょっと頼りなさげな上に腹黒い冒険者たちがダンジョンに挑む傑作カードゲーム「ダンジョンレイダース」を覚えておいでだろうか。

この春にたむけんがみんなの分をキックしてくれた「スシゴー」は、その「ダンジョンレイダース」の作者によるドラフト式カードゲームである。
ちなみにドラフト式は回転寿司の再現と思われる。うへうへ。

sushi1.jpg
一般的な小箱。
海苔を模した黒い帯がぐるっと箱をまいていてグッド。
イラストはご覧の通りの可愛さで、キックスターターオタク達の注目を集めた。

sushi2.jpg
中身。
エンボスのかかっていないカードで、得点カード以外は全て寿司カード。
これで絵本出来ちゃうんじゃないかってくらいメインストリーム的に可愛い仕上がりとなっている。

さて、このゲームは前述のとおりのドラフト式カードゲームである。
ドラフト式カードゲームでこの規模のものと言えば「妖精奇譚」があるが、やること自体はそれに似ている。ただしこちらの方がいろいろとそぎ落とされて手触りが丸い。

sushi3.jpg
ということで初期枚数の手札を配ったら、その中から1枚を選んで自分の前に置き、残りを左隣のプレイヤーへ…。
超普通のドラフトである。

sushi4.jpg
そうするとこのようにお寿司が並んでくるわけだ。当然ラウンド終了時にこれらが得点になるのだが、その得点方程式はそれぞれに異なってくる。
例えば海苔巻きは最多数を持つことで多くの得点を得ることができ、刺身は3つ集めることで大きな得点になる。握り(サーモン、イカ、タマゴ)は単独の得点のみだが、ワサビの後に取ると点数が3倍になる。などなど。

ドラフトが済んだら各自得点を計算して、次のラウンドへ進む。
ラウンドを3回終了した時点の合計点で勝者を決めるのだ。

sushi5.jpg
ゲームに刺激を与えるアイテムは当然あって。チョップスティックもその一つだ。
チョップスティックを持っているプレイヤーは、それを任意のタイミングで消費することにより、1枚多くカードを確保することが出来る。(当然チョップスティックはなくなるので最終枚数が多くなるわけではない。)

sushi6.jpg
プリンはラウンド毎の計算はなく、最後に一番少ないプレイヤーが痛い目にあうというものである。

以上のように、得点形式がとてもシンプルなドラフトゲームであるから、子供と一緒に遊ぶのにも良いだろう。

sushi7.jpg
また、ダンジョンレイダースと同様に素晴らしい得点カウントカードが付いている。これはもう、この作者の特許だ。

【評価】
   8.jpg
【所感】
ドラフト式というだけで面白いのですが、見た目の良さと、そのイメージを裏切らない得点形式の判り易さが好印象のゲームです。優れた商品ですね!
たしか、テンデイズさんが扱う予定だったと思います。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

欲しいー!
おにーちゃん、買って?
2013/06/08(土) 05:38:58 | URL | 紺碧 #8IgtKjlw[ 編集]
おにーちゃんの分しか確保できてないんだなー。テンデイズのおにーちゃんにお願いしよう!
2013/06/08(土) 09:22:01 | URL | オビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。