スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:フォレロッテ

アバクス小箱の特徴の一つなのだが、彼らはダイスをコンポーネントに入れることがままある。「ドリームチーム」や「アンギャルド」然り。
しかしダイスが主人公になっているゲームは「フォレロッテ」くらいだろう。

tutto1.jpg
アバクスのキャラメル箱。めちゃくちゃ弱いんでもうボロボロっす。
わりにカードの質が良くて重いので、うちにある一番ボロボロの奴はカードに突き破られて蓋が開いてしまったりする。

tutto2.jpg
中身。
カードがいっぱい入ってるけど、これはボーナス用というか、ハプニング用というか、そういうためのモノなのであくまで主人公はダイス。アバクスがよく入れてくる黄色のダイス。6個。いつも6個。

このゲームは手番プレイヤーがダイスを6個転がし、いくつかを確保したりしながら振りなおしたりしていくゲーム。今となっては良く見かけるね。

tutto3.jpg
手番の前にカードをめくって、この手番のボーナスが決まる。
写真は、この手番で6個全部のダイスを使い切れたら点数が2倍になるよというもの。ちなみに6個全部使い切るのはそれほど簡単じゃない。

さて、使い切る使い切らないってどういうことかってことなんだけど、手番になったらダイスを振って、以下の出目は得点化できるので横によけておくことが出来る。
・1の目→100点
・5の目→50点
・2が3つ→100点
・3が3つ→100点
・4が3つ→100点
・6が3つ→100点
これを全部使い切ることが出来るってことは、三ゾロか1か5の出目だけにするってこと。確保の仕方は自由なので、一応狙い方は個人の自由にできる。

ただし、振りなおしたダイスの中に得点化できるものがないとバースト。確保分にどれだけ点数があろうと0点である。

ちなみに全部使い切ることを「フォレロッテ」と言う。
で、フォレロッテをやったら新たにカードをめくって2週目に突入することも可。
ただしバーストしたら全部おじゃんなので注意。

ま、これを続けて規定点を目指します。
あとは特殊なボーナスカードね。

totto4.jpg
花火カード。
これが出るとバーストしても確保分の得点がもらえる。
フィーバーだね。

totto5.jpg
クローバーカード。
これが出たらとにかくフォレロッテ×2回を目指す。
だってそうするとゲームに勝てるんだもの。

【評価】
   6.jpg
【所感】
遊んだのが結構昔で感触は忘れがちなんですが、得点やボーナスがけっこうドカンな感じなんで、相当にパーティーな仕上がりになっていたと思います。
ま、ロングセラーなんでね。ええ。


| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。