スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ビッグバントーナメント・ユニバース第74夜

無限に存在する異次元の並行世界、すなわちドゥームナイト・マルチバースで連日連夜行われているビッグバン・トーナメント。
本サイトでは引き続きその活動に密着していきたいと思う。泣く子も黙る“ビッグバン・トーナメント・ユニバース”にだ。

◆アストロナッツ Hey,Doom!! 
doom12132.jpg
母性から船を飛ばし、いろんな惑星に入植していく陣取りレース(コズミックエンカウンター)。
特長的というかなんというか、手番になったら好きな数字を宣言して、そのあと振ったサイコロが数字以上であれば宣言値の倍のアクションポイントを貰えて、ダメならサイコロの数字がアクションポイントになるという、ブレの大きいやんちゃシステムが重要なところに置かれている道楽ゲーム。
惑星に入るとサイコロを2回振り、その出目をマニュアルの付属のイベントシートで索引し、効果を適用するという昭和的システムも堂々と採用されており、まったく隙がない。
ポスト・エクリプスはこれ一択だろう。
駒が良い。

◆ノアの方舟 やるじゃん! 
 doom1213.jpg
ノアの方舟をテーマにするとドリス先生が原作を主張して「イラストを描かせろ」と言い出すのかどうかは知らないが、やはりドリス先生イラストによる"ノアの方舟"である。
人数分場に出されるカードに対して競りを行い、入札額順にカードを獲得していき、つがいになっている動物はプラス点、そうでなければマイナス点というゲーム。
手に入れたカードを見ることが出来ないというのがミソで、ああこれは2匹だったか3匹だったか…、と迷うことになる。ちなみに4匹集めるとボーナス点があるので狙う価値はある。3枚になったところでその中の一番小さい数字だけをマイナスにすればよいのでリスクも小さめだ。
これを2セットやるので、後半のセットは記憶がごっちゃになって楽しくなる。
スピーディーに遊べて悪くない。Amigo小箱としては及第点。ただし、エンボス加工がかかっていないのが気になる。どうしたAmigo。そこを捨てたら二流だぞ。

◆むかつく友達行きたくないパーティー系ダイスゲーム
doom12131.jpg
名前を忘れてしまった。
毎ラウンドカードを買いながら人生を構築していき、最終的に勝利点が多ければ勝ち。カードを買うのに用いるのがサイコロというだけで、フリーゼの「むかつく友達、行きたくないパーティー」を意識していることは間違いない。そして当然楽しい。
どうせ日本語化するなら間口の狭いワレスじゃなくてこういうのにすればいいのにと一度は思ったが、カードの内容をよく見ると「Wiki中毒編集者」や「ブロガー」の能力が「MBA」より遥かに強かったり、「精神科医」がメンタル面で問題を発生させたり等、作者のダメな人間性が顕著に映し出され過ぎていて一般向けの商品にはなりにくくなっていた。
ほんと、ゲームばっかやってるとこうなるから気を付けたほうがいい。

おわり
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。