スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ビッグバントーナメント・ユニバース第81夜

「チケット・トゥ・ライド日本選手権予選」ってオリジナル透明駒がもらえるんですってね!!ッつーことで出たいんだけど、場所と金はともかく丸々一日なんだね。そうだよね日本選手権予選だものね。うーん。
いたる師匠、COQ1969、オビ―ワンダーフール。

◆ライディングパイレーツ イノセント! 
2014doom04155.jpg
綺麗なイラスト、しっかりしたカード、箱はショボイが中身のコンポーネントは抜群に良い2人用カードゲーム。
ただし中身はポンコツだ。ルール的にはZ-manのポケットバトルに似ている(というか、Warゲームはこんな感じなのかも)が、ユニットを毎手番1枚だけ出していくというルールのため、一度ユニットをつぶされてしまうと増える相手のユニットに対抗できず延々と袋叩きが続く…。ひたすら増えるオビ湾軍に10vs1の戦闘を強いられ続けたいたる師匠がまいったしてゲーム終了。
場に出るカードを制限して、一定以上は山札に戻していく山札体力システムにするだけでかなり改善できる。
いたるさん、200円で買いとりします。

◆ロンバルディアの王冠
2014doom04151.jpg
むかし同じイラストで同じような缶箱に入ったゲームを遊んだ気がする。10点先取のちょいドラフトなセットコレクト。ドラフト部分にしっかり悩ましさがあってよい感じ。

◆ハリウッド(ロシア産) あるある 
2014doom04152.jpg
ドラフトや競りで俳優、監督、脚本、その他を集め、それぞれ最低条件をクリアした組み合わせなら映画になり、内容に応じてお金を貰え、同じようにオスカーを貰えるっていう、ウルトラ級によくありすぎる映画作りゲーム。
ロシア語版は俳優がユニークだったらしいが、日本でも展開するこのバージョンでは同じイラストに統一されてしまっている。このゲームからそういうお遊びを取ったら既視感しか残らない……。

◆クランカー 先生サスガデスネ! 
2014doom04153.jpg
ウヴェ先生が9年前に作ったゲーム。ボーナンザを経て既に有名な頃の。
カードの裏がお金になるとか、数字じゃないカードで取引をするところだの、ウヴェ先生的エッセンスが感じられる。
ルールを読んでもよくわからず、やってみても最初は良くわからないのだが、ちょっとするとキレのあるマネジメントジレンマを感じることが出来る。傑作だ。
クソみたいに汚い絵面がほんとうにもったいない。無頓着すぎる。これ、どこかが拾って再販とならないものだろうか…。

◆バース 世界水準! 
2014doom04154.jpg
クールなビジュアル、少ないルール、読めない展開。オーソドックスだけどしっかり考えさせられるダイスゲームだ。根元が普遍的だから後から追加されている色々なバリエーションにも完璧にはまっている。素晴らしい。

以上
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。