スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:シンデレラが多すぎる

まだゲームマーケットが浅草のなんちゃら貿易なんちゃらで開催されていた2012年の秋。大気圏内ゲームズは手作り感の漂うユルフワ系ゲーム「ホシリンピック」をひっそりと頒布し、GMデビューを果たした。
ひっそりと言っても売れ行きは良かったようで、予約を取りに行ったときにも「もうありませんか」と完売を嘆く姿を横目に見たように記憶している。
デビュー戦にも関わらず彼らのゲームに注目が集まったのは当然で、テーマを素晴らしいレベルで再現したコンポーネント、完成されたレトロ少女漫画風のイラスト、GM直前に公開されたルール紹介マンガ、さらには1000円という商品に見合わない価格破壊により、なるべくしてGM2012秋最大のダークホースとなったのだ。

その後の大気圏内ゲームズは本ブログでも触れてきた通りで、「キャットファーザー」のように鋭いゲームをつくり、続く「モテねば。」ではミニマルだったゲームの幅を少し拡げるなど、まだまだ実験的な部分もあり、なんとも応援したくなるサーク
ルだ。
本作「シンデレラが多すぎる」は、大気圏内ゲームズの4作目にあたる同人ゲームだ。

sinde1.jpg
ロストレガシーと多分同じ大きさ・材質の小箱だ。
「モテねば。」に続いて化粧箱でのリリースである。(「キャットファーザー」も化粧箱で豪華版が出たら絶対買う。あれもうボロボロになっちゃったから…)ちなみに自分の周りにも大気圏内ゲームズのファンは多く、ゲームマーケット当日はほとんどの奴がこの小箱を持っていた。まさにシンデレラが多すぎる状態だった。

sinde2.jpg
中身。
シンデレラ候補者カードが18枚と、プレイヤーが使用するYES/NOタイル。
エンボスこそかかっていないが、カード質は悪くない。タイルは表YES裏NOとかではなく、1色につき2枚のタイルで裏面にYESかNOとなっている。

さて、シンデレラがテーマなのだから、このゲームの目的はシンデレラ探しに決まっている。
もちろん、誰もが自分の娘がシンデレラに違いないと思っているわけで、お互いにあーだこーだといちゃもんをつけあっては事実をねつ造するのだ。

sinde3.jpg
自分の娘たち。各自4人の娘がいる想定で、4枚。
残念ながら男に生まれてしまったものもいるが、シンデレラは12時前に帰っちゃったので王子は性別を確かめられなかったはずだ。
娘たちにはそれぞれ特徴があり、それは中央のイラストと左上のステータスに示されている。金髪だとか、10代だとか、ワインがすきだとか、メガネかけてるとか、だいたいそういうこと。

sinde4.jpg
ゲームの進行は、各プレイヤーが順番に手札から1枚カードを出してシンデレラの条件を提示していくというのが基本。
実は先ほどの娘カードの下には「Not●●」と書かれた枠があり、これは「シンデレラは●●じゃないよ」ということを示している。(条件カードとして出された娘カードの娘部分は完全に無視される。)
例えば「Not teen」と書かれていれば、シンデレラの条件として「10代じゃない」が加わるのだ。

しかし、こんな一方的な情報を他のママ達が簡単に受け入れるはずがない。そのために前述したYES/NOタイルがあるのだ。

各プレイヤーは一斉にYES/NOタイルをオープンし、出された条件を受け入れるか、拒否するかを提示することが出来る。1枚でもNOが入ったら、その条件はなかったことになるのだ。

sinde5.jpg
ただし気を付けなければならないのは、NOタイルを出せるのはゲーム中1回だけというところだ。
このゲームでは条件提示を各プレイヤーが2回行うことになるので、最初に使ってしまうと後はOKし続けるしかない…。

条件提示を各プレイヤー2回ずつ行うと、手元には2枚の娘カードが残っているはずである。この2人が君がシンデレラに推そうとしている候補者である。
もちろんだが、候補者の最終条件として前述のシンデレラ条件を満たしてなければならない。条件をクリアしている娘がいない場合はもう家に帰っていい。

というわけで、各自条件をクリアしたシンデレラ候補を一斉に提示!(ただし1人につき娘1枚です。あたりまえだけど。)
決勝戦が始まる!

sinde6.jpg
で、決勝戦なんだけど、残酷なことにより良さげな女の子が勝つことになっている。良さげな女の子ほど、カードの左上に書かれた数字が小さいのだ。
ふむふむ。俺だったら多少条件違くても数字小さい子を選ぶね。

【評価】
   7.jpg
【所感】
つまるところ、皆さんが強欲な叔母になって娘をシンデレラにしようと目論むゲームなわけです。テーマとやってることはばっちりですね。
最近の人気国産ゲームに多い、コンポーネントの少ないミニマルなゲームです。
18枚の娘カードの中には強さが逆転するものや決まった条件を覆すものもあるので、慣れてくると戦略も生まれてくるでしょう。
尖がったものはないですが、普通は犯人縛りに使いそうなシステムをシンデレラに逆利用し、プレイヤーに叔母ロールプレイをさせてるのはすごいなと思いました。シンデレラゲームとして世に出してもいいんじゃないかってくらいの安定感はあります。さすが大気圏内ゲームズです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。