スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

妖怪ウォッチをウォッチせよ!

俺はこの歳になって妖怪ウォッチをやっている。
最初は姪っ子のためだったが、今はハッキリと言える。
俺は俺のために妖怪ウォッチをやっている。
理由は面白いからだ。

何が面白いか説明するからチミらも買うといい。

≪これが妖怪ウォッチだ!!≫

【①】バトルシステムが斬新
youkai1.jpg
妖怪ウォッチは妖怪仲間を召喚して戦わせる、ポケモンのようなゲームである。
ただしポケモンとは違って、妖怪たちは勝手きままに正確に沿った行動をしてしまう。
プレイヤーが出来るのは、
・召喚妖怪6匹がハメ込まれたダイヤルを回して戦闘中の妖怪を入れ替える
・妖怪を指定してひっさつわざを出させる
・狙う先を指定する
・喰い物を放り投げる
といったところである。

どの妖怪にどのような役割を持たせるのか、回転させてもそれぞれが役割を果たせるのか、ダイヤル式バトルはこれまでのRPGとは一風変わった思考が求められて新鮮だ。それでいてプレイヤーが何もしなくても戦闘が進行するお手軽さも良
い。

【②】オープンワールドで夏休み
youkai2.jpg
そもそもオープンワールドとは何か、という問題は置いておくとして、妖怪ウォッチでは広い街を基本的にはストーリーに関係なく歩き回ることができ、サブクエストも大量に用意されている。やらなければいけないことは多くないが、やれることは大量にある。
据え置き次世代機のオープンワールドとはさすがにレベルが違いすぎるとはいえ、その雰囲気を感じられる自由度は確かにある。自称オープンワールドのファンタジーライフとはえらい違い。
youkai4.jpg
しかもアイテム交換も可能な虫や魚を採集するという要素まであり、気分は完全に夏休みだ。

【③】藤子アニメ的世界観
youkai6.jpg
そもそもメインキャラがオバQとポコニャンにソツクリーなのだが、クエストの内容が日常的で藤子アニメを観ているようである。
プロデューサーのインタビューでも、イナズマイレブンは敵をどんどん強くしなければならず寿命が短くなったが、妖怪ウォッチはドラえもんを目指した、みたいなことが書かれていたので、ある程度強く意識もされているのだろう。
登場人物たちのくだらない掛け合いを大量に執筆したライター勢には頭が下がる。

【④】クロスメディア&限定連動
youkai3.jpg
ご存知の通り妖怪ウォッチはマンガもアニメもやっているし、その他の商品企画も大量に存在する。(そういえば先日のライセンシングフェアでもランキング上位だった。)
それらの商品やバージョンに限定で付属する妖怪やアイテムが存在するため、現在マーケットにはテンバイヤがゴロゴロしているし、そもそも商法として汚いと仰る人もいる。
個人の意見としてはバリエーションも選択肢も無いよりあった方が良いと思うのだが。

【⑤】切断ウォッチ
youkai5.jpg
妖怪ウォッチは通信ランク対戦、フレンド対戦等の通信対戦が可能である。
しかしランク対戦については切断のペナルティーがないために酷く荒れているのが現状だ。
具体例をあげよう。つまり俺の話になるが、昨夜11回の通信対戦を行い、結果は1勝1敗という記録になっている。
つまり、"11回中9回"は俺が勝ちそうになって切断されている。
他のゲームでも切断はあるが、ここまで酷い例は経験したことが無い。完全な無法地帯だ。これではランクポイントなんぞ米粒ほどの意味も無い。

調べてみるとどうもポケモンにも同じようなことがあったらしい。
回避方法としては、「深夜に対戦すると比較的まし」だそうだ。悲しいね。
でもフレンド対戦すれば何の問題もないのだ。

ということで、大人気なく妖怪ウォッチをやっているという話だったわけだが、
いざ遊んでみると高校生以上向けRPGより感性が近くて楽しめたりするよという
話である。チミも是非やってみるといい。

◆ゲームの方。(1なら体験版も配信中)


◆その他の方。限定連動も。

| trackback:0 | commnet:1 | BACK TO TOP |

コメント

書き逃げ失礼します

妖怪ウォッチ(特に2)を「子供向けに特化したGTA」
って言っている人がいて膝を打ちました
たぶん国産RPGつまんねぇなって人にはかなりマッチするゲームじゃないかと
あと「ぼくのなつやすみ」とか好きだった人は迷わす買え、と
2014/08/07(木) 18:24:51 | URL | #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。