スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ひつじグーグーグー

ブルーノ・カタラと言えば「キャメロットを覆う影」か「ミスタージャック」という所だろうが、今のカタラがこれほど有名になっているひとつの要因として小箱ゲーム「モー」の存在は外せないだろう。
ただ、彼の小箱に限っていうと「モー」以外は特別な面白さがあるわけでもなく、フワッとしてるな~というのが個人的な印象である。「ジャイプル」で有名になったゲームワークスから出ている「セベク」。モー系で期待されたバカゲー「プゥー」。
それから数字並べ「ノア」、「SOSタイタニック」…。
安定しているとは思うんだけどさ…。

sheep1.jpg
「ひつじグーグーグー」は羊飼いが考案したという設定の羊数えゲームである。
ゲーム的には手札から降順昇順にカードを出していくというもので…っていう、そういう系のゲームだ。ここまで読んだところで歴戦のゲーマーならスキップして次のゲームを選んでしまうだろうが、まぁ良くも悪くもご想像の通りなのでそれでいいと思う。

sheep2.jpg
コンポーネントは1~18までの羊カードと、その他のゲームルールを示すカード類。
極端に数字の大きいカード、小さいカードには特殊能力が付いている。

sheep3.jpg
ゲームが始まると、プレイヤーは3つある羊置き場に手札からカードを1枚ずつプレイしていく。昇順か降順かが常に示されており、そのルールさえ守っていれば連番でなくてもかまわない。(丁度10だけ違う数字のカードであれば昇順降順関わらず出せるというのがあるが、気を抜くと忘れられがちである。)
出せないと一つ山を引き取り、そこに書かれている枕の数がマイナス点である。
(カタラは時々クラマーの匂いを出します。)

sheep4.jpg
で、ここまでは比較的平凡なんだけど、オオカミカードっていうのがあってこれが一応アクセントになっている。
オオカミカードはどんなカードの上にも出せる。その代りオオカミチェックをせねばならず、出したカード置き場のカードに混ぜてババ抜きをやり、オオカミが出れば山引取り、出なければそのままというものである。
また、この時昇順降順が変化する。
どうですか。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
基本は出せるカードを出していくゲームですが、何をどこに出すかでその後自分のカードが出せないように若干のコントロールをかけることが出来ます。
個人的な感想としては、カタラの小箱はやっぱりそれなりかなって感じです。

◆魅惑のカタラコレクション

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。