スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:ヘキセンレンネン

ヴォルフガング・パニングと言えば最近は「フレスコ」、古くは「オーレ!」や「パパラッツォ」の作者として有名だが、最近ちょいちょい見かける「ヘキセンレンネン」というすごろくゲームも地味に人気があるタイトルだ。発売当時はすごろくゲームに4000円はないな~、という雰囲気でけっこう長く売れ残っていた。

実際のところ4000円出してまで手を出すような中身とは言い辛いが、さすがにSDJノミネートしてるだけあって一種の独自性と一定の面白さのあるゲームである。

hex01.jpg
クイーンなので必要以上にデカく厚い箱に入っている。
もちろん中のケースもコンポーネントとはまったく関係ない形状となっており、収納性は「悪い」の一言で片づけられるレベルだ。
イラストは欧州の児童ファンタジーを感じさせるテイストで、実にいい。
たしかジョーコであきおさんは青がブサイクだブサイクだと書いてあったように記憶しているが、そこまでブサイクじゃない。欧州絵本的グッドキャラクターズだ。

hex02.jpg
中身。すごろくのコースとなるタイルと、それを仕切る棒。
魔女コマ、魔女カード、ゴールボード。
やはりあの箱の大きさは不釣り合いである。

さて、このゲームは各自自分の色の魔女3人をゴールボードへと進め、ゴールボードの出来るだけいいポジションに到着させようという魔女競争がテーマになっている。
基本的にはサイコロで自分の魔女のどれか1つを動かす~を繰り返すゲームであるが、そこにタイルとカードの効果が加わってくる仕組みだ。

hex03.jpg
コースタイルの表面は各魔女の属性になっており、1魔女あたり12枚のタイルが割り当てられている。
プレイヤーがまず最初に行うのは、この12枚の自分色のタイルを、コースの前半、中盤、後半の3つに分けることである。
それぞれが分けたタイルを裏向きでシャッフルし、それを並べて出来るのが上のようなコースである。さすがに48枚もあると長いコースになるので、ぐにゃぐにゃと折りたたみながら作る。こうすると雰囲気も良いのである。

hex04.jpg
手番になったら前述のとおりサイコロを振り、自分の魔女のうち1つを進める。
続いて、進んだ先にあるタイルの効果に従わなければならない。この時タイルが裏向きの場合は表向ける。一度表向きになったタイルはずっと公開され続け、効果も持続する。

タイルの主な効果は「自分が対応する色の魔女なら、数字の分だけ前に進める」というものである。例えば青色のタイルで数字が5なら、青のプレイヤーがそのタイルで移動を終えた場合、追加で5マス進めるというわけである。

hex05.jpg
また、数字以外に魔女マークというものが存在する。
これは自分の色の魔女マークであれば、カードを使って数字の分だけ前に進めたり、大きくジャンプしたりできるという強力なタイルだ。
しかし到着したのが他の魔女のマークの場合、該当する魔女のプレイヤーがカードを使って後ろ方向に進まされてしまうという落とし穴になる。

hex06.jpg
そんなこんなで進めていくと、ゴールボードに到着する。
ゴールボードにはマスが3つあり、より深い位置のマスが高得点になっている。一度ゴールボードに侵入した魔女はそれ以降動く事ができないため、どれだけ手前からゴールボードの良い位置に着地できるかが大切と言うわけだ。とはいえ、ゲームの終了条件は誰かの魔女が3人ともゴールした時なので、悠長なことは言っていられない。

このゲームの面白いところは、タイルの効果で移動した後も、さらにタイルの効果を受けなければならないということである。
これにより一回の移動でぴょんぴょんといくつも移動したり、ひょんな一手で大逆転が起きたりするのだ。一度遊ぶと最初のタイルの配置を少し戦略的に考えられるようになるだろう。

【評価】
   6.jpg

【所感まとめ】
見た目に良く、しかも年齢の幅広く遊べるという点で優れたスゴロクゲームだと思います。早い話が、少し頭を使えるスゴロクというわけですね。人生ゲームよりは戦略的で、時間もかからず、しかも同じようにワイワイ遊べるはずです。

◆その一部、パニングです


◆今日のパニング・ピックアップ

中古ボードゲーム[カード欠品] フレスコ 完全日本語版 (Fresko)
同時プロット式の変形ワーカープレイスメント。
絵画を完成させるために職人を操るんだけど、あんまり無理させるわけにもいかないのでしっかり計画的にやりましょう。
パニングは多作ではないけど、平凡なシステムに独自の色付けをするのが得意だ。アルハンブラの拡張は全てAuthorに彼の名前が入っている。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

改めて見たけど、やっぱり不細工やんけ。
青といえば穴と雪の女王やねんから、あれじゃ、レリゴーも流行らんやろ。
2014/12/10(水) 16:54:56 | URL | akio #wr80fq92[ 編集]
アレ―。穴る女王もこんな顔じゃありませんでしたっけ。
2014/12/10(水) 18:57:12 | URL | オビ―・ワンダーフール #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。