スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:にわとりも歩けば

今では押しも押されもしないボードゲームクリエイターの"スター"、ミヒャエル・シャハト。そんな彼もコロレットがヒットするまではジミーなクリエイターの一人だったのだ。「にわとりも歩けば」はヤングシャハトの出世作であり、その後スターになってなお定期的にリリースしていくことになるシャハト小箱シリーズの第一作にあたる作品だ。

niwatorimo01.jpg
「にわとりも歩けば」をリリースしたのはベルリナーシュピールカルテン社だ。
当初シャハトはこのゲームのβ版をAMIGOに持ち込んだのだが、「我々はコレとよく似たゲームを近々発表するつもりなのだよ。」と言われてしまったという経緯がある。
そうした後にAMIGOがリリースしたのがウヴェ・ローゼンベルグ王子の超傑作「ボーナンザ」なのだ。
そう。実はシャハトがこの出世作に盛り込んだ独自の要素とは、"手札の順番を変えることができず、さらにプレイする際にも制限がある"ということだったのだ。
シャハト様最初の傑作とはいえ、相手が「ボーナンザ」ではさすがに分が悪い。

そんな時、ベルリナーシュピールカルテンで小箱カードゲームシリーズの開発をしていたシュタウペ(後の小箱帝王である)がこのゲームを取り上げ、ベルリナー印でのリリースに漕ぎ着けたのだ。

niwatorimo02.jpg
中身。
0から59の60枚のカードで、5の倍数にニワトリと卵が描かれている。
イラストはもちろんシャハト様謹製。良い味だしてる。
シャハト自身が絵を手掛けることができるおかげで、シャハト作品はゲーム内容とアートワークが喧嘩するというしょうもない失敗には陥らないのだ。
ちなみにニワトリカードに絵描かれている卵の数は数字により異なり、おおよそ真ん中に近い数字のカードほど卵が多く描かれている。5の倍数がデカい失点という意味でニムト的でもある。

niwatorimo03.jpg
各自カードが配られたら、まずは手札の順番を並び替えることが出来る。
このゲームでは前述のとおり手札の順番を後から変えることが出来ない。しかも、プレイできるカードは手札の左端か右端のどちらかから。間に入っているカードは端に来るまでプレイできないのだ。

2015010601.jpg
そしてそのカードでノースートのトリックテイクが始まる。
俗に言う"取ってはいけない系"のトリックテイクなのだが、本当に取ってはいけないのはニワトリカードだけ。ニワトリカードに描かれた卵の数が失点なのだ。
また、ラウンドの最後のトリックを取ったプレイヤーは、それまでに取ったトリックの一つを取らなかったことに出来るというものある。
そんなわけで、大きな数字を捨てつつも、しゃがむべきタイミングでしゃがめるように小さな数字を仕込もうとするわけだが、まぁコントロールできそうで中々できない。最後のトリックだけ勝とうとしても、そこにニワトリを放り込んでやろうと考えるのがこずるいボードゲーマーの常であり、痛い目に合うのだ…。

あ、そうそう、失点についてだけど、実は単に卵の数が失点というだけではない。
2枚以上のニワトリカードを1つのトリックで取ってしまった場合、まず卵の数を合計し、それにカードの枚数を掛けるということになるのだ。
1枚のニワトリならそれほど気にしなくても良いが、集まった時のマイナス爆発が痛い。数ゲーム遊んで規定点数のマイナス点を取ったプレイヤーが出たら終了とするのが良いだろう。(ルールにはディール数で決めても良いと書かれている。)

【評価】
   8.jpg


【所感まとめ】
ノースートだけどままならない、ままならないけど遊んでる感は十分なのでアンコントローラブルな印象にならない、という、トリックテイクのジャンルにありながら幅広い層で楽しめる良作です。掛け算で算出するマイナス点にやや時代を感じますが、個人的には再販してほしいゲームの一つです。リスペクトで★0.5プラスの評価です。
ちなみにKOSMOSの「盲目のニワトリ」は見た目が似ていますが、違う作者のまったく別物です。

◆参照したゲーム

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。