スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ビッグバン・トーナメント第90夜

ドゥームナイト一同は今日も好き勝手やっているのだ。
タナカーマー、PEGA、オビー・ワンダーフール。

◆命中 メイチュウ! 
meityuumeityuu.jpg
ギュンター・ブルクハルト×ベルリナーの99年のカードゲーム。見た目に古臭く感じるが、これは年代を経たからと言うよりもベルリナー自体が持つ古臭さによる。
カードの確保、セットコレクション、トリックテイクという3つのフェイズを繰り返し、得点ボード上の自分の駒を60点~70点の間におさめようというゲーム。それぞれのフェイズで全く別の事をしているものの、その舞台は常にボード上にある。ぴったり66点を狙うべくプレイヤーは弓をギリギリと引くのだ。
具体的にはカード確保で縦軸の調整をし、セットコレクションとトリックテイクで横軸の飛距離を伸ばす。ゲームは思い切ったカード確保でプルバックしたタナカマ伯爵による、ロビンフットなロングショットで見事66点に命中。きっとブルクハルトもブルクハルト冥利に尽きるであろうプレイだったと思う。

◆テンガロン
tengarongaron.jpg
例の知る人ぞ知る優秀なクリエイターによるGOOUT系カードゲーム。
カマ・ターナーが大好きなリアルタイムアクションヴァリアントが採用されており、実にうれしそうにプレイしていた。

◆ゴブリンポーカー イカス! 
goburinpoker.jpg
カッコいい。ペアーズのヴァリエーションルールは公開されているので基本セットだけ持っていれば出来る。のだが、基本システムが単純なペアーズは多分に雰囲気のゲームである。しかるに、ペアーズに数あるヴァリエーションルールは対応するイラストのデッキで遊ぶのがBestだ。ゴブリンデッキでプレイしないゴブリンポーカーなど劇伴をカットされた映画のようなものだ。とはいえ、手に入りにくいのはなんとかならんものか。

◆100!
100100100.jpg
60枚のカードでゲームを作る大喜利メーカーの作品にしては、まぁまぁ良い方と思われる。
カマ・ターナーが大好きなピット系のリアルタイムアクションゲームであり、実にうれしそうにプレイしていた。

◆ザ・バクダン
syutaupenosyutaupe.jpg
シュタウペ先生のシュタウペ先生らしいざっくりと大雑把なパーリー競りゲーム。
まぁシュタウペ先生はだいたいこんな感じなので、やっぱりベルリナーや今のNSVみたいにプロデューサー的な動きしていただくのが一番でありんす。

以上。

◆ドゥーム検閲済み
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。