スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:ダークホース

競馬をテーマにしたゲームはレースといいギャンブルといい、誰にでも面白さが伝わりやすいのが良いところだ。しかしリアルにギャンブルの要素があるゲームは、ある程度プレイ人数が揃わないとレートが成立しにくく、面白くなり難い。これはもうどうしようもない。
しかし少人数でもレースゲームが面白いままの"システム"がある。正体隠匿だ。

自分の正体(色)を隠してレース全体を操作する例で言うと、クニツィアの「がんばれカメくん」やHABAの「アクセルでGO」。最近では「キャメルアップ」がそう。単純に秘密を持ってるというだけで人間楽しくなれるものだ。

darkhorse01.jpg
韓国のMagpieという会社から出た小箱ゲーム「ダークホース」も正体隠匿の楽しさを使ったレースゲームだ。
聞きなれないメーカーだが外観はかなりしっかりとした商品になっている。
箱は小箱2つ分くらいの体積。台湾と韓国のゲームはあまり箱のサイズを気にしない傾向があって、さすがに同じメーカー内の同じ時期の物は揃っているが、そうでなければバラバラになりがちだ。
収納時にサイズ揃ってない箱が気持ち悪いのは、日本人だからだろうか。それとも俺がジャンキーだからだろうか。

darkhorse02.jpg
中身。カードは出走馬カード、馬券カード、アクションカードの3種類。さらに木製のダークホースチップが3枚入っている。
出走馬は7組で、それぞれ個性的なジョッキーが乗っかっている。イラストはマンガ調だがオタク臭いということもなく好感が持てる。

さて。このゲームは前述のとおり正体隠匿のレースゲームである。よって、例に漏れず最初に自分が応援したい対象が決められる…
darkhorse03.jpg
その役割を果たすのが馬券カードだ。
馬券カードは各出走馬につき2枚ずつ用意されており、それをプレイヤーが2枚ずつ秘密裏に受け取るのだ。(2人プレイの時は3枚~~というように人数によって調整される。)
それと同時にアクションカードも規定枚数受け取る。

darkhorse04.jpg
その後、プレイヤーが1枚ずつ出走馬カードを既に出ているカードに付け加えていく形で場所取りさせていく。普通に考えたら、自分が応援している馬を前の方にもってくるという感じだろうか。
ただ、このゲームの場合はスタート位置にちょっとしたアクセントを入れている。このゲームのタイトルでもある"ダークホース"だ。全ての出走馬が出揃ったところで、一番後ろにいる出走馬カードは裏返され、このレースのダークホースになる。ダークホースになると、馬券カードとは別に、ダークホースチップを取る取らないの、ボーナス得点をかけた早い者勝ちビットの対象になるのだ。
ゲーム中にダークホースチップを受け取った場合、最終的にダークホースが3位以内に入ると+5点。入らないと-3点になる。

出走順を決める段階で、自分の応援する馬をダークホースにして、賞金とダークホースチップによるボーナスの両方を得てしまおうというのも(それ相応のアクションカードを持っていれば)作戦のひとつだろう。

darkhorse05.jpg
レースが始まったらプレイは極めてシンプルかつ"よく見る"ものなので戸惑うことは何一つないだろう。
各自時計回りの順番でアクションカードをプレイし、そこに書かれている通りに馬を前後させるのだ。例えば「3番目の馬を2マス前進か後退させる」とか「ゼッケン4の馬を1マス前進か後退させる」といったものである。

味が濃いものとしては「●番目の馬は落馬して最下位に」と「馬券交換」があるが、カードは配りきりではないので必ず誰かが持っているとは限らない。

darkhorse06.jpg
全員がカードを出し終わったらレースは終了し、その時点のポジショニングで各馬に配点がなされる。馬券カードの裏側に応援している馬の着順による配点が記載されているので、計算しよう。

darkhorse07.jpg
さらに、ゲーム中にダークホースチップを受け取っていたプレイヤーは、そいつが3位以内に入ったか入らなかったかで加点減点を行う。多人数プレイのケースでは賞金が拮抗しがちなので大きなポイントになる。
過去に実績のある面白システムを使ったゲームなので、そりゃあ、安定して面白いに違いはない。ダークホースの味付けはあるものの、新鮮味はほとんどない。が、この手のゲームを持っていないのであれば、見た目も良いし、お勧めできる。

【評価】
   6.jpg

【所感まとめ】
見た目で判り易いゲーム運び。キャッチーなテーマ。綺麗目なイラスト。そして実績ある面白システムの採用。と来ているので、まぁ誰が遊んでも大外れは無いと思います。韓国のゲームと言うこともあり手に入りにくいと思いますが、競馬が好きで少人数で遊ぶことも多いのであればお勧めです。

◆競馬ゲーならこれ遊んどけのコーナー
| trackback:0 | commnet:1 | BACK TO TOP |

コメント

こんにちは、すでにご存知かもしれないですが、仏Bombyxが愛らしい虫テーマでリメイクしてます。愛らしいオビ湾さんのことだ、眠れない夜が続くでしょうにー
http://boardgamegeek.com/image/2278973/dark-horse
2015/02/14(土) 17:32:44 | URL | 指折カウンティングキング・シミーズ #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。