スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:命中

ギュンター・ブルクハルトと言うと、個人的には「クイック」のイメージが強い。それはタナカマ氏にみる"リアルタイムアクションものがくどいほど好きであることの象徴"というべきタイトルだから、というのもあるが、ほかの有名タイトルも比較的小粒だからというのもあるだろう。
小粒とは言っても知る人ぞ知る良作が多く、「マニトゥ」「ケープからカイロへ」「銅鍋屋」「トランプ、トリックゲーム」などはゲームファンにはおなじみだろうし、「コロリンナイト」「リバーフィッシングゲーム」はキッズゲームウォッチャーなら記憶に残っているところだろう。

meityu01.jpg
なんとも時代を感じるパッケージである。
90年代後半のというと今から15年以上も前。そう考えると古臭い見た目しててもしょうがないかと思ってしまうが、(これまでも何度か言及している通り)ベルリナーは必要以上に古臭い見た目のゲームが多いのだ。よって、時代を感じると言っても、このパッケージから感じる"時代"は90年代よりもさらに前のものであることを補足しておこう。

meityu02.jpg
中身。
まずこのゲームの一番の特徴である命中ボードについて語らねばなるまい。この命中ボードはいわゆる得点ボードなのであるが、「ラウンド終了時に一定の範囲に得点を収める」というこのゲームの勝利条件の上では非常に重要な役割になるわけである。というわけで、その勝利条件にあてはまる部分が赤くなっているのだ。
ちなみに縦方向には5列で、横方向に長くボードが伸びている。後述するが、この構造にもゲームとしての機能が携わっているのだ。

カードは一般的な数字×スートで出来ている。"命中"というテーマに合わせた紳士たちのイラストに妙な味がある。
あと、得点ボードに載せるためのポーンがついている。
下手したら中箱にされそうな内容を小箱に詰め込んだ点も個人的に評価したい。

さて、このゲーム、見た目の通りちょっと変態なゲームである。
前述したとおり「ラウンド終了時に一定の範囲に得点を収める」という勝利条件自体が特異でもあるのだが、そもそもそこに向けたプロセスが3つのフェイズに分かれている。

フェイズⅠ:カード購入
meityu03.jpg
ラウンドの初めは手札の購入から始まる。
4,2,1,0という価格札の下にトリックテイク的な意味で強い順に山札からカードが並べられる。
プレイヤーは順番にカードを購入していき、手札が8枚になるまでこれを続ける。
購入の原資は最初から与えられている得点である。購入した額の分だけ得点ボード上の自分の駒を後退させればよいのだ。
あと、これが実に重要なことなのだが、得点ボード上の縦の軸を変えることができるのはこのフェイズⅠだけになる。この重大さはやらなければわからないかもしれないが…。

フェイズⅡ:セットコレクトで得点
meityu04.jpg
続いてトリックテイクが始まると思ったら、なんと購入した手札の中で役を作って得点するというフェイズが挟まる。役はいわゆるポーカー的なものではあるが、簡単な役を揃えるのもなかなか難しい。そもそも数字が大きいカードは購入時の購入額も比較的大きくなってくるわけで、スリーカードなんて揃えようものなら、得点を大きく削るか、弱い数字ばかりになるかという話なのである。ちッ!ギュンターの野郎め!

ちなみに得点は全て5の倍数。つまり、ボード上を横にスライドするイメージだ。

フェイズⅢ:トリックテイク
meityu05.jpg
ここでようやくトリックテイクだ。
それはもう、普通のトリックテイク。マストフォロー。切り札有。
トリックは1回とって5点。これもボード上を横にスライドすることになる。

フェイズⅢが終わったら得点ボードの確認である。

meityu06.jpg
もし得点ボード上の駒が一定の範囲に収まっていれば、そのプレイヤーの勝利である。ただし、複数のプレイヤーが条件を満たしている場合は、66点に最も近いプレイヤーが勝利するのだ。

これはもう!66点狙うしかないっしょ!
そうなると、カード購入段階で66点の位置にもってくるように買い物するわけで、これが存外、弓をジリジリ引いてる感じなのである!
引いた弓が的まで届くか、それとも飛び過ぎて行き過ぎてしまうか。いやぁ!夢のあるゲームじゃありませんか!ねぇ?

【評価】
   7.jpg

【所感まとめ】
実際の所、普通にトリックするだけでもままならないわけですから、フェイズⅠ~Ⅲの動きを全て計算するなんてのは難しいです。ただ、全く無理というわけではありませんし、そうなると一発当ててやろうというのが冒険心というものじゃないでしょうか。
フェイズⅠを狙い、ⅡとⅢを飛距離のように見せているボード使いは素晴らしいアイデアだと思います。

◆ブルクハルト先輩の良作

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。