スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:クワント

アミーゴ2015年の新作小箱ゲーム「クワント」は、"量子"を意味するタイトルから想像されるとおりの理系カードゲームだ。そう。今流行りの(?)リケゲである。
とはいえ、使うのは足し算だけなので、文系のみんなも安心してプレイしてほしい。
ただ、ルールブックver1.0は非常に難解で明らかな記載不備もあり、現在ある英語ルールからプレイに漕ぎ着けるのはなかなか難儀だ。実際プレイしてみるとルールから受ける印象よりはシンプルなので、できることなら誰かに説明してもらうのがお勧めだ。

quanto01.jpg
作者のフィッツジェラルドは幼いころから父親に様々なカードゲームを教えられて育ったらしく、その面白さを意識して制作したゲームが本作なのだという。
正確には、「クワント」はフィッツジェラルドによるアメリカ産カードゲーム「スループ!」をさらに発展させたリメイクだ。
一部の選択肢がやけにリスキーな「スループ!」と比較すると、「クワント」はバランス重視の仕上がりになっているといえる。これが作者自身によるものなのか、Amigoのディレクションによるものなのかは不明。

quanto02.jpg
中身。
カードとタイル。どこまで行っても数字ずくめだ!
数字は1から12、それにワイルドなどが混ざっている。

quanto03.jpg
場。これが場である。
手番になったプレイヤーはとにかくこの場にあるカード、
・4枚のオープンカード
・数字タイル(クワントタイルと呼ぶ)
と自分の手札をアレコレしてゲームを進めるのだ。

もうちょっと詳しく概要を説明すると、
基本的には手札からカードを1枚出して、これらのオープンカードをゲットしていく。ゲットした枚数が多いプレイヤーが勝利する。というプロットである。

で、そのカードの取り方だが、めんどくさいことに大きく分けて2種類ある。
quanto04.jpg
1つ目は、プレイしたカードと…
「同じ数字のカード」と「足すと同じ数字になる複数枚のカード」
を全て取るという方法。
この場合、取ったカードはそのまま得点となり、自分の得点山に加えられる。

quanto05.jpg
2つ目は、プレイしたカードとオープンなカードを足して、場に残っているクワントタイルの数字と合わせ、自分の前にクワントの山を作るという方法である。
この時、1つ目の選択肢と同様にオープンになっている「同じ数字のカード」と「足すと同じ数字になる複数枚のカード」を取って、クワントの山に加えることができる。
その後の手番では、同じく自分の持っているクワントの山の数字になるような形で、自分の手札とオープンな手札とその他前述の計算に合うカードをクワントの山に加えるということができる。

ただ、このクワントの山にためられたカードはまだ得点になっていない。別の手番で、クワントタイルと同じ数字のカードをクワントの山に加えることで、ようやくクワントタイルの山が得点の山に加えられるのだ。

いまいちクワントの利点がわかりにくいと思うが…
要は「手札だけだとどうしても小さい数字が出てくるので、クワントを利用して大きな数字を出すのと同じ効果を得る」ことができるという仕組みである。
その代り、同じ数字のカードを出せないと得点山に入らず、ゲーム終了時にゼロ点換算になってしまう危険性があるのだ。

qunto06.jpg
文字で書けば書くほどややこしい"足し算こねくりまわしゲーム"なのだが、所詮足し算なので理解さえしていればシンプルに運用はできる。
けど、ルール説明受けてる間に、オレだったら嫌になっちゃうような気がするね。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
しっかり理解したうえでプレイできればそれほど難しいことはないゲームです。ただ、オープンカードはすぐに入れ替わるので、自分の手番が回ってくるまで足し算は始められません。となると、自然とテンポは悪くなっていきますし、ソロプレイのような感覚もあるでしょう。その辺を理解したうえで数字ゲームが好きならば。ありかもしれません。

◆今週のアミーゴ
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。