スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:寝ぼけアタマ

アミーゴは年平均6本以上の小箱ゲームをリリースしている。2015年もこのペースは当然変わらない。
大型ヒットには恵まれないが、超大手であるKOSMOSと変態質のアドルングを除けば、長年にわたって複数の小箱ゲームラインを維持できているメーカーはほとんどいない。
あらたに2,3個リリースして様子見をする中小メーカーも毎年出てくるが、おそらくビジネスのラインに載せられないのだろう、翌年翌々年にはリリースしなくなることが多い。(オビ湾小箱年表による。)
だからアミーゴは小箱カードゲーム界の王様なのだ。リブートやリメイクが多いのは昔からだが、むしろここにリブートしてもらうのを目標とするデザイナーも、いてもおかしくない。

今日のタイトルは2015年新作の「寝ぼけアタマ」だ。

neboke01.jpg
イラストがいい味出している。ダブルデッキサイズの小箱。
ちなみに入っているおまけゲームは「ビーバーバンデ」。
ビーバーバンデ、おれ好きですよ。

neboke02.jpg
中身はカード。1から20までの数字が4枚ずつ。もちろんエンボス加工。
実はゲーム内容があまりにシビアでないため子供向けかとも思ったのだが、別にそんなことはない様で、エンボス加工がされている。(Amigoの子供向けはエンボス加工がなく、分厚い紙を使用する。)

イラストがとても可愛くて、1から20に向けて、おっさんが会社に行く準備を整える様子をパラパラ漫画のように表現している。

まずこれらのカードから1を取り除き、残ったカードをよく混ぜて全員に配りきる。
このゲームにおけるプレイヤーの目的は、自分のカードを全てなくすことだ。

neboke03.jpg
取り除いた1はテーブルの中央に並べられ、配られたカードは伏せた山にして各自の前に置いておく。
見ての通り、目が覚めたばかりのおっさんが4人、並んでいる様になるだろう。

さて、プレイヤーは手番になったら自分の山札の1番上の1枚をめくり、それを場にプレイしていく。
どのようにプレイするか、というと
neboke04.jpg
めくったカードより1だけ数字の小さい、既に出されているカードに置くことができる。
カードが置かれている場所は…
・テーブル中央の4つの山
・他プレイヤーの捨て札の山
に大きく大別される。

ただし、もし置けるのであれば、テーブル中央の4つの山を優先し、その次に他プレイヤーの捨て札の山、しかも時計回りで近いプレイヤーの山に置く。というルールを守らなければならない。
もし置けない場合は自分の捨て札の山に表向きにおいて手番終了だ。

また、実は山のカードを引く前に、もし自分の捨て札の山の一番上の一枚をどこかにおける状況が発生していたら、それをまずは処理しなければならない。
つまり、処理の順番としては
①自分の捨て札の山で置けるものがあれば置く
②自分の山札の一番上のカードを置く
というルールがあり、
置く場所の順番としては
①テーブル中央の山
②他プレイヤーの捨て札の山(時計回りで優先度有)
というルールがある。

これを守った上で置けるだけ置いていくという、ズバリ実を言うとファイリングゲームである。
で、他のプレイヤーは手番プレイヤーが順序や置き方を間違ったり、置けるのに置かないのを発見したら、
「この寝ぼけアタマ!!」
と罵倒することができる。
罵倒したうえで、すべての他プレイヤーは自分の山札からカードを1枚取り、寝ぼけアタマの山札の一番下に突っ込むことができるのだ。
別に時間制限はないけど、間違っちゃダメよ、と。間違ったら寝ぼけアタマよ、と。そういうわけである。

neboke05.jpg
というわけで、駆け引きなんてものはほぼ存在しておらず、ただひたすら間違えることのないようにカードを置いていくというゲームである。ゲームとしては、なんだろう、ゲームらしいところはあまりないかもしれないが、このゲームの良いところは他にある。
それは、"起きてから出かけるまでの10分間をビジュアル化したゲームである!"ということだ。
なかなか愛嬌のあるアイテムじゃないですか。
子供向として扱っているわけじゃないようだけど、そういう風に遊ぶのが一番よコレは。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
整理整頓ゲームですね。おしゃべりしながらやったら1度だけ間違えましたが、大人だとそれほど間違えるものではないと思います。ので、ゲームとしてゲームらしくあるかっていうと、そうではないんじゃないかなと。でも、それをわかった上の遊び方ができれば、それなりに可愛いゲームに見えるような気がします。まじ所感です。

◆Amigoの簡単シンプルなゲームたち

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。