スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:SOLO

「UNO」「SOLO」「MAU MAU」「TAKI」。いずれもクレイジー8をもとにした有名ゲームだが、微妙にルールが異なる。というのは、知ってる人とどうでもよい人にわかれるだろう。どうでもよいのに知っている筆者は我ながら変わり者だ。
実際、ルール差異のほとんどは軽微なもので、よほど巷で発生しているハウスルールごちゃごちゃ問題の方が厄介である。(ドローした後は出せないとか、同じカードは複数枚まとめて出せるとか、あれらはハウスルールである。)

中には「UNOなんかあそばねーよ!」というボードゲーマーもいるだろう。しかし「SOLO」のルールを知ってもまだ同じことが言えるだろうか。
筆者は断言する。彼らは「SOLOなんかもっとあそばねーよ!」というに違いないのだ。

solo01.jpg
本日取り扱いまするは独国カードゲームの雄、あみ~ごすぴ~る様の「SOLO」にございまする。
散々Re-デザインされて今っぽいデザインになっているUNOと比べて、SOLOは下界の影響をほとんど受けない素朴な見た目が魅力である。

solo02.jpg
中身。ご存じUNOと同じようなカードが入っている。
デザインとして特徴的なのはTAKE2(いわゆるアレでいうドロー2)で、外国人チョキがアイコンになっている。舶来!(?)

進行はUNOと大差ない。
初期手札は8枚で、色か数字をフォローしてカードプレイをしていく。
出せるカードは常に1枚だ。(同じカードなら複数枚出せる、は、前述の通りUNOでもハウスルールである)

solo03.jpg
ドロー系カードにはドロー系カードでのキャリーオーバーが適用される。これがSOLOの正式ルールだ。UNOではドロー系カードを出されたら無条件でカードドローになる。UNOっ子もここ勘違いしてるっ子が多いので一応知っておくがよい。
(あと、ドロー4は出せるカードがあるないでチャレンジを受けるというのも忘れられがちだ)

また、SOLOでは点数制を採用しており、最初に手札を無くしたプレイヤーが出たらそこでラウンド終了。ほかのプレイヤーの手札の内容に応じて点数を受け取り、規定点を目指す。

しかしまぁ、こんな違いはどうだっていいのだ。
SOLOは他のクレイジーエイト系には無いオリジナルシステムによる"3D"(ダイナミック、ドラマティック、ドウデモイイ)を提供するのである。
solo04.jpg
3Dを実現する要素は大きく2つある。
その一つ目は"ぴったり割り込んでゴー"システムである。
うむ。解説しよう。
"ぴったり割り込んでゴー"システムとは、場札と全く同じカード、つまり、同じ色同じ数字のカードを持っていれば、自分の番が回ってきていなくても出してもよいというものである。
早押し合戦のようになってカードが曲がること必至である。

そして二つ目は"手札交換カード"。これが最強要素だ。
"手札交換カード"には2種類、誰かを指定して手札を丸々交換するものと、隣の人に手札を丸々渡すものがある。
だったら最初から頑張ってカードプレイする必要ないじゃん。なんて言っちゃいけないよ!君も大人だろう。
まったく。

【評価】
   2star.jpg

【所感まとめ】
いわゆる"台無し"の存在を肯定している点で他のクレイジーエイト系と大きく異なります。まぁ、気に食わなければハウスルールで手札交換抜いちゃえばいいんじゃないですかね。

◆もうこうなったらマストバイ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。