スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:ヒックとドラゴン2 マウマウ

さて、本日が2回目の「GW Specialホラー企画~SOLO地獄マラソン」 。
2回目にして早くもSOLOからの脱却をはかり、同じ穴の貉である「Mau Mau」に触手を伸ばさせてもらう。
もちろん、1回目から方針は変えず、できる限り先日のSOLOの記事を流用したい。むしろ無理にでも流用したい考えである。
さっそく始め(コピペ)ましょう。

「UNO」「SOLO」「MAU MAU」「TAKI」。いずれもクレイジー8をもとにした有名ゲームだが、微妙にルールが異なる。というのは、知ってる人とどうでもよい人にわかれるだろう。どうでもよいのに知っている筆者は我ながら変わり者だ。
実際、ルール差異のほとんどは軽微なもので、よほど巷で発生しているハウスルールごちゃごちゃ問題の方が厄介である。(ドローした後は出せないとか、同じカードは複数枚まとめて出せるとか、あれらはハウスルールである。)

中には「UNOなんかあそばねーよ!」というボードゲーマーもいるだろう。しかし「MauMau」のルールを知ってもまだ同じことが言えるだろうか。
筆者は断言する。彼らは「MauMauって名前が違うだけじゃねーかよ!」というに違いないのだ。

hicksolo01.jpg
本日取り扱いまするは独国カードゲームの雄、ASS様の「ヒックとドラゴン2 マウマウ」にございまする。
散々Re-デザインされて今っぽいデザインになっているUNOだが、MauMauも流行りのコンテンツに乗っかることが多いのでこんな感じである。

hicksolo02.jpg
中身。ご存じUNOと同じようなカードが入っている。
進行はUNOと大差ない。
色か数字をフォローしてカードプレイをしていく。
出せるカードは常に1枚だ。(同じカードなら複数枚出せる、は、前述の通りUNOでもハウスルールである)

MauMauの主たる特徴は、上記の基本ルール以外は場所場所で自由に決められているということだ。
Wikipediaにも書いてあるが、持ち回りのチェアマンがその辺のルールを決めてからゲームを行うのである。

ちなみに「ヒックとドラゴン2 MauMau」のルールブックにはほぼSOLOと同じルールの記載がされている。ただし、点数制は用いておらず、完全一致カードによる割り込みもない。

hicksolo03.jpg
こんな言葉で締めくくるのは申し訳ないのだが、ホラー企画なのでご容赦いただきたい。このゲームは、「ヒックとドラゴン2を観た後になんとなく遊べばいいじゃん」の次元の代物である。

【評価】
   2star.jpg

【所感まとめ】
ヒックとドラゴンマウマウとしか言いようがありません。MauMauはMauマスターというチェアマンがルールを決めるんで、そこでUNOのルールに設定すればUNOですし、SOLOにすればSOLOです。ただ、デザインはあまりよくありませんね。支給された素材から作った感がありありです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。