スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:はじめてのボーナンザ

毎年コンスタントにシリーズをリリースし続ける「ボーナンザ」。
先日のカジノロワイヤルアンケートでも好きな小箱ナンバー1に輝いた名作カードゲームだが、交渉があったり、手札の並び順を変えてはいけなかったりと特殊なルールが多く、若干最初の敷居が高いかもしれないのが数少ない弱点でもある。
そんなわけでキッズが遊ぶゲームとしては名前が出てこない「ボーナンザ」なのであるが、ここにきてなんと、キッズ向けに4歳からできる「はじめてのボーナンザ」をリリースしたのである。
HABAのはじめてのシリーズみたいなもので、将来のボーナンザフリークを増やしてやろうという試みだろう。

hajibo01.jpg
ちなみに、いつものアミーゴ小箱ではない。右に置いた「ワイルドだぜぇ」と比べるとわかるとおり、アミーゴ中箱である。最近アミーゴは子供向けのカードゲームをこのサイズにするケースが出てきた。「ファイブクラウン・ジュニア」や「ゲオカード」などである。

hajibo02.jpg
中身のカード量は通常のボーナンザと大きく変わらない。
ただし、3番目の畑を含めた畑シートがやや大き目である。
豆は今回もすべてオリジナルで、10種類。
特徴としてはボーナメーターの数が少ないことだが、それは後述しよう。

基本的な「ボーナンザ」のルールは過去のボーナンザ系の記事を小箱辞典から参照してほしい。

…ということで、基本「ボーナンザ」のルールはご理解いただいている前提で、「はじめての~」で改変されている箇所と、本ゲームが段階的にステップアップをさせるために用意しているアドバンスルールを紹介する。

hajibo03.jpg
「はじめての~」でまず最初に触れておきたい大きな違いは、
手札を公開して並べておく
というルールだ。
これによりカードを並べ替えてはいけないという特殊なルールを守りやすくなる。さらに、交渉の時は豆の名前や数字をしていすることなく、絵柄で「それが欲しい」とさせる。そしてもちろん、親がアドバイスをしやすくなるわけだ。

また、この段階では使う豆は4種類のみであり、その4種類についてはボーナメーターが1つしかない。貯め続けることで点数効率が良くなったりということはないので、単純に目標枚数を集めることに集中することになる。

他にも、畑は最初から3つあったり、1つの畑に2つ目の豆を載せてしまえるという、二毛作めいた縛りの少ないルールが採用されている。

このルールでやると、確かにボーナンザのわかりにくいところはだいぶ解消される。ただし、交渉はあるのでほんとにちびっ子がゼロからできるかどうかは、その手の皆様の実地体験にお任せしたい。

と、いうわけでこの簡易ルールに慣れてきたところで、だんだんと大人ボーナンザに近づけていこうというのがアドバンスルールである。アドバンスルールは段階的に5つのステップが用意されており、概要は以下のとおりだ。

ステップ①:全ての豆を使用する
hajibo04.jpg
6種類の豆を加え、合計10種類でゲームを行う。
これによりボーナメーターが2つある豆が加わり、点数効率の考えが導入される。
また、4種類に比べれば極端に植えるのが難しくなるため、大きなステップとなるだろう。

ステップ②:二毛作の禁止
hajibo05.jpg
この段階から、1つの畑に2つ目の豆を蒔く二毛作が禁止される。
つまり、普通のボーナンザになる。
①に続き、豆を植えるのがより難しくなるステップだ。

ステップ③:三番目の畑は課金要素に
三番目の豆が3ターラー支払わないと使えなくなる。
より、普通のボーナンザになる。

ステップ④:カードを手札にする
hajibo06.jpg
全て並べられていたカードを、通常通り手札にするルールだ。

ステップ⑤:1枚の畑の守護ルール採用
最後のステップは、本家でもちょいちょい忘れられがちな1枚しか植えられていない畑からの収穫を制限するルールの採用だ。これを加えるとほぼ普通のボーナンザとなり、差分は各豆のボーナメーターくらいになる。

ボーナンザ大好きなファミリーにおすすめの…というか、それくらいしかオススメ先のないアイテムかもしれない。

【評価】
6.jpg

【所感まとめ】
かつて「ボーナンザ FAN&EASY」というシンプル版がリリースされましたが、さらにさらにの4歳向けです。
イラストは、元ネタがなんなのかはっきりしませんが、お姫様、王様、執事、ドラゴン、魔法使いと言ったファンタジーていすとになっています。ぜひこのアイテムでのボーナンザ導入事例ができたら、そのご様子お伺いしたいものです。

◆ボーナンザファミリー


| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。