スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:街コロ

ドイツ年間ボードゲーム大賞2015(SDJ2015)にノミネートした国産ゲーム「街コロ」が俄かに盛り上がりを見せている。これを機会に再プレイした人も多いのではないだろうか。もちろん吾輩も再プレイさせていただいた。
さすがにシンプルなゲームなので以前に抱いた印象と変わらず自分向けではないと感じたが、拡張で状況が変わっていくという話もあり、まずは基本セットを紹介しておこうと思う。

hunggugu.jpg
街コロを最初に購入したのは昔のゲームマーケットでリリースされた時だが、そのものは手放してしまったので、拡張への期待を込めて新しく買いなおしたもの。おそらくモノは当時と変わらない。
右のプレイマットは商品に付属するものではないが、プレイの際にはこれがあると格段に華やかなのでお勧めしたい。

「街コロ」はいわゆる街づくりゲームであるので、システムは全然違えど、人に紹介するときは「シムシティみたいな…」と言っておけばおおよそ前提となるプレイヤーの目標を理解してもらえるだろう。
後は、
・サイコロを振って出た目の建物が動き出す
・結果で得られたお金で建物を増やせる
・自分のランドマークを4つともお金を払って完成させたら勝ち
を説明するだけでゲームができるのだから話が早い。

macchidesu.jpg
初期状態の場。
お金で買うことのできる施設カードがずらりと並べられている。
基本セットでは特にこの内容が変わるようなルールはないため、常に決まった建物が全て購入できる状態にあり続けることになる。
プレイマット上では、カードが対応するサイコロの出目の順番で置き場所が決まっている。

mattikorokoro.jpg
手番になったらサイコロを振り、カードの上部にその数字が示された施設が動き出す。
そのほとんどはお金を産み出すものだが、自分の手番にのみ動き出すものと、他の人の手番でも動き出すものがある。これらは一次産業や二次産業と言ったレイヤーでおおよそ把握ができ、カードの色も親切に分けられているのでプレイアビリティは上々である。
また、数字の大きい建物になると、一次産業の特定のアイコンがついた施設を多く持っていると効果が高くなるものがあったり、お金は生み出さない代わりにプレイヤーに有利な効果を発揮するランドマークが存在する。

haungn.jpg
施設の効果を処理したら、今度は買い物タイムである。
施設の値段はカードの左下に記載されているので、それと同額を払って自分の前に置くことができる。
どんな施設を買ってもある程度勝負できるので必ずしも気にする必要はないが、複数の施設でコンボになるものを集めたり、どんな出目が出てもお金がもらえるように裾野を広くしたり、その辺の狙いはつけておくとよいだろう。
また、これはゲーマーにとっては当たり前なので蛇足だが、サイコロを2個振った時に出やすい数字がある、というのは意識しておこう。

machicoco.jpg
で、4つのお題となるランドマーク全てを最初に建てたプレイヤーが勝利する。
2、3回大儲けすると届いてしまう目標なので、かなりスピーディーなゲームと言える。

基本セットでは場のカードは常に一定というのが良し悪し。いくつか戦略の取り方はあれど、上手くいくかは運次第というだけで、見通しが良すぎるところがある。
個人的にはゲームをしている手応えが感じられず、かなり物足りないのだが、この見通しの良さは初心者に対して大きなアドバンテージとなるだろう。
事実、ベテランゲーマー以外に「街コロ」を紹介して良い感想を引き出せなかったことはないのだ。"ソーシャルゲーム的な見た目"と"カジュアルなルール"が間口の広いユーザーフレンドリを実現している。

だって5分で説明が終わるんだぜ?これが一番の武器でしょ。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
モノポリーめいたカードゲームで、誰にでも馴染みやすいのに"まったくオリジナルのゲーム"というのがアイデンティティだと思います。
カジュアルに遊ぶために作られており、一手一手に悩ましさを感じたいゲーマーからすると見るべきところはほとんどないかもしれません。
基本セットの段階では物足りないゲームという印象ですが、拡張を入れる事で場が流動的になるルールも採用可能です。今後紹介していく予定です。

◆街コローズ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。