スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:姫騎士の魂

ゲームマーケット2015東京の事前予約で、コンポーネントが気になって中身もよく知らず予約してしまったゲームがある。具体的にはオリジナルのポーカーチップが付いているというところに大きく惹かれた。どこで作ってもらえるのか知らないが、どのくらいの物が仕上がるんだろうと。それが「姫騎士の魂」である。
で、後で知ることになったのだが、本作は「犯人は踊る」というライトな推理ゲームで人気サークルとなった鍋野企画によるものだ。
ルールを読んでみると、なるほどライトな推理ゲームというところでは前作に共通点があり、2人~4人という比較的少人数で遊ぶゲームとなっている。中でも2人がおすすめだ。詳細は後述。

himekisi01.jpg
Amigo小箱よりは大きく、ラベンスバーガー小箱よりは小さい。本当の意味での拍が付いていて、妙な雰囲気を出している。
ところで姫騎士とはいったい何なのか。気になってツイートしてみたところ、「主に凌辱されるための存在」というお答えを有志よりいただいた。なんと気の毒な存在なのだろう。へこたれずに頑張ってほしい。

himekisi02.jpg
中身。
例のポーカーチップは……、かなり良くできている。
なるほどビックリしたね。
それにカードの方にも凝った拍が施されていて、少ないカード枚数を補う賑やかさがある。良い意味ではったりが効くコンポーネントってホント大事だと思うよ。

カードの構成は1から8までが1枚ずつで、白と黒の2色がある。
この構成はルール上意味が大きいので覚えておこう。

さて、今回の紹介にあたっては、写真は2人用ベースで進めさせていただく。
というのも、個人的にこのゲームのオススメは2人プレイだからだ。別に3人以上でもルールの狙い通り遊べはするし、手札配布時点で勝敗確定が見えることもないのだが、ちょっと運よりに思えすぎて読み合いをしている感が薄すぎるためだ。

himekisi03.jpg
2人プレイの場合、双方に2枚の手札が配られ、残った4枚のうち2枚が伏せて、2枚が公開されて置かれる。
また、このゲームのミニマム賞金として1チップがテーブルに置かれる。
この後、ゲームは手札2枚の組み合わせによる強さ比べへと進んでいく。その強さの算出方法が重要なので先に説明しておこう。先述の通り数字は1から8が存在する。そして、このカードの数字を単純に足し算する……ことができるのは、2枚のカードが同じ色であるときに限るのだ。もし白と黒という組み合わせの場合、その強さは2枚のカードの差分になってしまう。だから、もし勝ちたいのであれば同じ色になっていることが望ましい。

と、そこまでわかっていただいたところで、説明を続けよう。
まずはこの2枚のうち1枚を公開するステップがある。
himekisi04.jpg
2枚しかない手札のうちの1枚を公開するわけで、勝敗を決める上で非常に大きな情報である。
この情報をもとにして、以下の2つのステップでカードの駆け引きが行われる。

◆ステップ①:姫騎士トレード
もし数字が1の姫騎士カードを出したプレイヤーがいた場合、そのプレイヤーは場に出ている姫騎士カードと相手の手札を交換することができる。これにより、相手の手札に数字の小さいカードを押し付け、少なくともそれよりは数字の大きいカードを代わりに場に置くことができる。
ただし!もちろん相手のカードが白か黒かはわからない点はリスクである。

◆ステップ②:最強カードによるトレード
続いて、場に出されているカードのうち最強のカードを出しているプレイヤーは、そのカードと場に公開されているカードを交換することができる。最強のカードなので、場合によっては交換先を利することもある。しかし、見えているものを使って手札調整をできるというのは大きい。

以上の2つのステップについて、交換が行われた場合はそれぞれ1枚ずつ賞金のチップが追加される。つまり、最大3個のチップが賞金になりえるのである。
それが終わったら、残った手札を公開して勝敗を決するのだ。
himekisi05.jpg
勝敗の決め方は先述の通り。もし数値が同じ場合は、より大きな数字のカードを持っているプレイヤーが勝利する。
そして、この勝ち方がまた大切になってくる。というのも、勝ち方によってチップのもらい方が異なるからだ。

白のプラス値で勝利した場合はチップを姫サイドで受け取り
黒のプラス値で勝利した場合はチップを黒サイドで受け取る

勘の良い人はお気づきだろう!そのとおり!
手に入れたチップも、先のカードの組み合わせの数値算出と同じように、違う色がある場合は得点が差分になってしまうのだ。

himekisi06.jpg
黒サイドのチップを5枚、姫サイドのチップを2枚持っていたら、5からマイナスの2で、3点という扱いだ。
だから、ゲーム中は勝つことで損害を被ることもあるため、常に勝ちを狙いに行けばよいというものではないのだ。

とはいってもね。ほしい色の手札に調整するのもの大変だし、相手に勝たせようとしても何か調整したらチップ増えちゃうし。なかなかままならん。だから手札配られた段階で良い悪いがわりにはっきり出てはしまう。しまうんだけど、そのラウンドの結果が100%確定するという程ではないので、ゲームしてる感、読み合いしてる感がそれなりに感じられるのが良い。
また、手札の強さ計算と、チップの得点計算を同じ理屈にしたのはわかりやすくていいと思う。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
今回のゲームマーケットではメーカー以外のゲームを多く買い、一応それなりの数を遊んだと思います。その中で、普段ゲームで遊ばない人から評判が良かったゲームです。このサークルさんはその辺の見極めが上手なのかもしれません。簡易ルールも付属していましたが、それほど敷居の高いものではないので、そのままのルールで良いと思います。

◆鍋野企画

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。