スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:ココタキ

「虹色のヘビ」に続いて今日もアミーゴのイエローシリーズではないキッズゲームを紹介する。その名も「ココタキ」。メビウスゲームズでも扱っていたので「虹色のヘビ」同様、入手しやすいゲームと言えるだろう。
「ココタキ」は、つまるところ「タキ」の子供向けカスタマイズであり、「タキ」はトランプゲームのクレイジー8をもとにしたものなので、要は「子供用UNO」と考えいただければよい。

cocotaki01.jpg
アミーゴ小箱。
UNO系であれば先日ゴールデンウィーク企画で連載したUNO系コピペ記事群に加えてもよさそうなものだが、あえてそうしなかったのには理由がある。「ココタキ」はUNO系からいくつか大きな博打要素を排除し、代わりに実力主義のアクション要素を加えているからだ。
と言ってしまうと大袈裟だが、抗いようがない攻撃が乱発するゲームよりよっぽどフェアであると思う。

cocotaki02.jpg
カードはキッズ用の厚紙ではなく、いわゆる普通のアミーゴ品質のエンボスカード。
数字の代わりに動物が描かれており、その種類は8種類×4色という構成だ。
さらにどの色にも出せて次の色を指定できるジョーカーのちょうちょがある。

cocotaki03.jpg
プレイングはいたって普通のUNOだ。
直前のカードに対し、同じ色か、同じ動物のカードを手札から出すことができる。
ただし!
この時気を付けなければならないのが……
cocotaki04.jpg
「ブンブンブン!」
プレイヤーは出したカードに描かれた動物のマネをしなければならないのである。
もしそれができなかったり、間違えたりしたらカード2枚補充の刑である。

また、例外として赤色のカードの時には、出してもマネはしてはいけないのだ。
もし誤ってマネをしてしまったら、これまたカード2枚補充の刑である。
ハウエバー、気を付けていただきたいのがコレ。
cocotaki05.jpg
復讐の赤きニワトリ。
こいつを出す時だけは、無言ではなく「ココタキ!」と宣言しなければならない。

もちろん間違えたらカード2枚補充の刑だ。

それ以外に特殊なルールはない。
つまり、UNOやSOLOにあるドロー2やドロー4、スキップなどもない。
それらのルールを排除することによって子供向になっているということだと思うが、そもそも無くなったルールはただの運でしかないパーティー要素なので、むしろこちらの方がフェアであり硬派でありゲームである。

もちろんそれでも運要素の大きいパーティーゲームではあるが、プレイも「UNOアタック」に任せたくなるUNOよりは幾倍かよろしく感ぜられるのである。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
子供用のUNOですが、理不尽な要素がないので気持ちよく遊べると思います。
ただし、攻撃要素がほとんどなくなるため、UNOの適当な攻撃性を好んでいる人には劣化版に見えることもあるでしょう。

◆ココタキ

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。