スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:ハムスター

『意外に遊べる二重バースト』
ラインハルト・シュタウペのイエローシリーズ・ラインナップ全紹介への道について、一週間ほどサボってしまった。そろそろ再開しようと思う。
ということで、イエローシリーズの中では比較的最近のゲームである「ハムスター」を紹介したい。

ham01.jpg
アミーゴ、イエローシリーズ小箱。改めて補足しておくが、イエローシリーズは全てラインハルト・シュタウペによるゲームである。今現在はアミーゴの編集には所属せず、NSVで編集をしているシュタウペだが、アミーゴのイエローシリーズだけは毎年コンスタントに、しかも複数作品をリリースし続けている。

ham02.jpg
中身。エンボスではない厚みのあるハムスターカード。
手に持っている食べ物はニンジン、ドングリ、リンゴの3種類があり、それぞれ1個~3個の種類がある。
また、それ以外に得点札としてハムスタートロフィーカードが数枚ある。

プレイヤーはハムスターとなって食べ物を集めるのだが、欲張りすぎると痛い目にあってしまう。というゲーム内容。これだけ聞くと「よくばりハムスター」みたいだ。しかしこちらはバーストゲームである。

ham03.jpg
ハムスターカードを伏せて散りばめたらゲーム開始。手番になったプレイヤーはカードを1枚選んでめくり、さらにめくりたければ最大4枚まで連続してめくっていくことができる。止めると決めた段階で、それまでにめくっていたカードを得ることができる。
ham05.jpg
こんな感じに種類ごとに並べておこう。
これら食べ物について、手番終了時にちょうど6個になるものがあれば、得点としてハムスタートロフィーをもらうことができる。トロフィーをもらったプレイヤーは持っている食べ物全てを捨て札にし、自分の前にゼロ枚の状態から再スタートする。

しかし。前述のとおりこのゲームはバーストゲームだ。やみくもに最大枚数までめくればよいというものではない。
それではどうなるとバーストってしまうのか。
一つ目は同じ食べ物を連続してめくった時だ。
ham04.jpg
食べ物は3種類なので、場のカードの消費状況を考慮から外せば、1/3の確率で2枚目以降はバーストする可能性があるということである。
このパターンでバーストした場合、自分の前に置いてあったカードには影響がないが、そのラウンドでめくっていたカードは1枚も手に入らずに手番を終了することになる。

そして二つ目のバーストは、自分の前に貯めている各食べ物について、7個目以上を取ってしまった場合だ。
この場合、7個以上になった食べ物は自分の前から廃棄しなければならない。それ以外の食べ物は捨てられることなく残る。

食べ物をめくるとき、毎回の1/3バーストのリスクを負うだけでなく、6個ギリギリまで貯めている食べ物については超過バーストについてもリスクが発生するというわけだ。
この二重バーストによるプレッシャーがめくりたい気持ちと交差して歯がゆい。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
シンプルなバーストゲームですが、貯蔵限界バーストがそれなりに発生しやすく、子供向けながらバーストゲームらしいリスク&チャレンジになっていると思います。

◆ハムスターゲーム

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。