スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:ツヴィッケルン

『大博打付きカシノ』

最近妙なKickStarter企画や抱き合わせ展開で変な匂いのするクイーンゲームズ。
とはいえ、作るゲームの水準については、ある程度約束された"信頼できるメーカー"…だと思っている。
クイーンゲームズと言えば機能性のない異常にデカくて立体的な箱が特徴の一つだが、かつてはスリムな小箱ゲームをリリースしていたのをご存じだろうか。
その1つが今日紹介する「ツヴィッケルン」だ。

kani01.jpg
今となっては珍しい、クイーンらしくなく機能性の高い小箱ゲーム。
「ツヴィッケルン」以外では「木喰い虫」などがある。
クイーンはイラストが良い意味で垢ぬけないところがいい。クイーンに限らず、ハンスイムグリュック等の古参メーカーの放つ素朴な田舎臭さ(でありながらアートワークとしてはベストマッチ)は、今となってはドイツメーカーの大きな魅力の一つだ。

さて、この「ツヴィッケルン」だが、大雑把に紹介してしまえば”カシノ系のゲームです”ということになる。いや、カシノですと言ってしまってもよいのかもしれない。
そのカシノを、トランプよりは遊びやすいコンポーネントで商品化した、というイメージが近かろうと思う。

kani02.jpg
数字はトランプ+α。それに追加して"カニのハサミに数字が示されたアイコン"がくっついていることものもある。
カニのハサミアイコンの数字は、そのカードを手に入れたときの得点を表しているので、ゲーム進行中に参照するのは上の数字だけであることに注意されたし。

さて、このゲームの進行は非常にシンプルなものである。
手番が回ってきたらカードを1枚場に出して、条件が合う場合は得点札として複数枚のカードを獲得する。条件が合わなければ場にカードが溜まっていく。
これを繰り返していき、規定ラウンドが終わったところで得点札の点数を数え、それに取ったカードの枚数最多などのボーナスを加え、勝者を決める。また、4人プレイの場合はチーム戦となり、向かい合ったプレイヤーの得点の合計点で勝利チームを決める形となる。

カードを取る条件とは、
・出したカードと同じ数字のカードがある
・複数のカードの和が出したカードと同じになる
という感じ。こういうゲームあるでしょ?たまに。それがカシノ系ってやつだ。

kani03.jpg
それに付け加えて非常に重要な要素がある。
場のカードへの"添付&手付保障"だ。
これは場に出ているカードに自分のカードを添付することで、対象のカードの数字を下げたり上げたりすることが出来るというものだ。これをすることで、すごく大きな数字を取れる範囲まで下げたり、自分の持っている数字に調整したりすることが出来る。
とくに「ツヴィッケルン」では通常のカシノにはない"30"という超デカい数字が存在するため、この"添付&手付保障"を行わないと取れないことになる。

では、手付保障とは何か。
これが非常に厳しいルールなのだが、一度添付を行ったカードのセットは、そのラウンド内(5手番程度)に取られていかないといけない(自分でなくてもかまわない)。それが達成できない場合、最後に添付したチームはマイナス30点の罰ゲームなのだ。
はっきり言って、これ
喰らったら死んだと思った方が良い
カードの中には15点などのように大きな得点を持つものもあるが、それらすべてを足したところで正数にするのがやっとである。
これについては、自分で回収できない博打は打つな。ということに限る。
カシノではそもそも自分で取れないような添付はできないのだが、チーム制に何かを期待して上記のような博打を打つことも可能にされているようだ。

カシノと比較すると、スウィープ(場のカード一掃)による得点や最多カード枚数獲得の得点は変わらないのだが、カードによる得点が以上に大きくなっている。
そのため、"勝負どころが極端にフォーカスされたカシノ"と言えるだろう。

でもこれ、勝敗はほとんど運によるところ。
チーム制と言ってもチームの手札はノーヒントだし、手札に大型数字があったらそれだけで有利だ。
それにね。1/11とか、2/12とか、両方の数字で使えるカードがあるんだけど、これが深刻なプレイアビリティの低さをもたらしている。
ただでも、最後に添付したチームがどこかとか、足し算されてたのか引き算されてたのかとか、そういう状況の捏ね繰り回しが多い中で、さらにどっちの数字で使ったかを覚えていろっていう…。
出直しなさい!

【評価】
   4star.jpg

【所感まとめ】
チームチップを作ったり、添付の足し算引き算の置き方を決めておいたりすることで、ある程度プレイアビリティを向上させることはできますが、そもそもそういうウィークポイントを持ったゲームです。
そこをクリアできたところで、今度は運便りのチームバトルという、好みの分かれるゲーム性が待っています。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。