スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:ヒーロークエスト

20年近く前になるだろうか、海長とPOLへ祖父からのクリスマスプレゼントとして贈られた「ヒーロークエスト」。
伝説の逸品である。
たっぷり10年以上は屋根裏部屋に眠っていたものを再発掘し、POLと超久々のプレイ。
といっても昔は正式ルールで遊んだことなどなかったと思う。
ジャンルは”立体迷宮RPGボードゲーム”とある。

感慨深い本作については写真たっぷりでお送りしたい。

画像1

発掘当初はボロボロでくすんでいたのだが、海長が完全修復。
どっしりと重くデカい箱の中には無数のコンポーネントがぎっちり詰まっている。
なんたって取扱説明書の内容物欄にも「・・・その他」と略すほどだ。

勇者になってダンジョンに挑み、レベルを上げて、お宝をもって帰ってくる。
本気も本気、本格RPGボードゲームである。
気合入ってるねぇ。タカラ。

画像7

まずプレイヤーは勇者になるか、魔王になるかを決める。
勇者になったプレイヤーは職業を決めてプレートを手元に置く。
勇者側プレイヤーが一人の場合は4種類の職業すべてを一人で動かす。

画像8

魔王になれるプレイヤーは一人。
そして比類ない大きさの衝立を自分の前に置く・・・。でかすぎるわ。

あと魔王はこのゲームのナレーションを含めた進行役を務めなければならない。

画像9

魔王といえばこれ。魔王専用ストーリーブック。
魔王だけが今回のダンジョンの間取り、モンスターの配置を知ることができる。
勇者側プレイヤーには絶対見られてはいけない代物であり、その旨ストーリーブックにもきつく書き示してある。
ゆえに、魔王プレイヤーは今後もずっと魔王であるべきである。

画像1

魔王しか間取りをしないので、魔王がダンジョンを構築。
このゲームにおいて魔王はメンドクサイ役どころである。

ゲーム開始直後はドア以外に何も置かれない。
勇者側プレイヤーの視界に入ったところで障害物なり家具なりモンスターなりが置かれるのだ。
昨今のRPGゲームのようなリアル志向である。

今回はシナリオ1の「力だめし」をプレイ。
海長が魔王。POLが勇者4人を操る。

画像2

移動はサイコロ。
ドアをくぐると部屋の様子がバッと出てくる。(というか、魔王がセコセコ用意する。)
POLの戦士がゴブリンに遭遇だ!!

戦闘は変わり種サイコロで行う。
攻撃力の数だけサイコロをふり、防御側は防御力の数だけサイコロをふる。
その差分がダメージになる。

画像3

見事ゴブリンを倒したPOL戦士。
5ゴールドを得て専用ステータスシートに手書きする。
ダメージを受けた時もこのステータスシートに手書きする。
ダメージを回復したら消しゴムで消す。
素晴らしいじゃありませんか。

画像4

宝箱のある部屋で戦うPOL戦士。
シナリオ1なら一人で突き進んでも大丈夫だ。
ちなみに同じモンスターのミニチュアでも持ってる武器が違ったりなどの工夫があってすごい。

画像5

しばらくすると今回のダンジョンの全体像が見えてくる。
必要なクリア条件を満たしたらボス部屋に向かおう!
今回のボスは盗賊団の頭領”ベラズ”だ!

画像6

賞金目当ての一番乗りは魔法使い。
接近戦だぞ!?大丈夫か?(この後POL魔法使いはボコボコにされたのであった。)

シナリオが終了したら、キャラクターデータをそのままに次のシナリオに進めるようになっている。
レベルアップの要素もあるが、その効果はサイコロで決まるって・・・。なんか結構差が出ちゃうんだけど。

シナリオは14まであって、そのあとはプレイヤーが独自のシナリオを作りなさいとのこと。
今回は雑魚キャラしか出てないけど、ミニチュアにはさらに色の違う超強そうなモンスターが山ほどあるので、次のプレイができたときまた紹介したい。

【所感】
とんでもないゲームを持ってたもんです。
ルールは簡単ですがちびっ子だった海長とPOLは持て余していました。
でも豪華なコンポーネントは他の遊びに利用していたような記憶があります。とにかく気合の入ったミニチュアと家具類がすごい。復刻希望。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

突然ながらおじゃましまーす。

ゲームはプレイした事ないんでなんですが
こーゆー小物がいろいろ付いてるとなんだか
「ゲームって楽しい!」 感じを与えてくれるので大好きです。

個人的に好きなゲームも
何だかままごとの延長線上な感じのが多いんですが。

2008/03/31(月) 02:34:04 | URL | RAMPLING #-[ 編集]
RAMPLINGさん はじめましてこんにちわ^^
コメントありがとうございます。

やっぱりコンポーネントが凄いとワクワクしますよ!
テーマがうまーく抽象化されたカードゲームもすごいですが、ミニチュアというのは昔から普遍的な魅力があるみたいですね。
2008/03/31(月) 10:42:20 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。