スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

【baMPC!!】vol.5 ランディー・バターフィールド Bowl-A-RAMA Cosmic lane Deck

エキセントリックなトランプ、つまりプレイングカードを自慢するコーナー、boast about... MY PLAYING CARDS!!(baMPC!!)。
第5弾は昨日紹介した「Bowl-A-RAMA」プレイングカード企画の延長戦、コズミック・レーンDeckの紹介だ。

barama04.jpg
「Cosmic Lane Deck」はBowl-A-RAMAの赤デッキ・黒デッキのキックスターター成立後に追加で打ち出されたサブ企画だ。(が、世間的にはどうもこちらの方が話題を集めたようである。)
普通のトランプと同じカード構成なのだが、やけに箱が厚い。赤デッキ・黒デッキの1.5倍以上の厚みがあるのだ。それはなぜか。
なんと、コズミックレーンデッキは"暗いところで光る"という懐かしめな仕掛けがされているのである。つまり、夜光塗料を使用しているため、カードに凹凸があり、全体的な厚みが増しているということだ。
ちなみにボックスにも夜光塗料が使用されているため、暗所で光るようになっている。

barama05.jpg
というわけで、光っているところを取りたかったのだが、そんな上手く撮れるはずもなく。そもそも夜光塗料は蓄光する必要があるため、ボックスに引き籠っていたカードは光らない。
ということで、なんとかして蓄光させる必要があるのだが、基本的にはボックスの中に収納されているモノを都合よく燐光させるのは難しいだろう。ここぞというタイミングを前に蓄光させるスケジューリングが求められる。

barama06.jpg
また、正確にはBowl-A-RAMAの方で紹介すべきだったアイテム「ダブルサイドのウッデンチップ」も紹介しておこう。
赤2枚、黒2枚のセット。当然ボックスの中には入らないが、いろいろ使ってくださいということで。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。