スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:ケーキファイト

『揃えるよりも早押し!』

今日はシュタウペじゃないアミーゴのキッズゲームを紹介したい。シュタウペじゃないと言っても作者はハイム・シャフィールで、いわゆるアミーゴキッズ向け2枚看板の一人だ。
ハイム・シャフィールの説明は…過去の記事なりググリンチョしていただくなりにお任せしたい。とにかく、シャフィール先生の新作「ケーキファイト」の紹介である。前々から紹介したかったのだが、なにせキッズらしいキッズゲームである。この盆に親族で遊べたのでようやくのリリースである。
※ちなみに、かなり昔にリリースされていた「ディンゴ」のリメイクである。

cake01.jpg
このブログの読者の方はもうよくご存じだと思うが、キッズ向けの黄色い帯はシュタウペレーベルなので、シャフィールのゲームである本作は通常の赤い帯だ。その代り「ハリガリ作ったんだぜ」アピールのアイコンが付いている。ハリガリはそれくらい本国ではメジャーなのだろう。

cake02.jpg
中身。カードゲームだけど、カードよりも他のコンポーネントに目が行く。珍しいのは左側にあるペンのようなもの、ケーキスタンプだ。これは水性の赤い星形スタンプで、このゲームにおける失点を記録するためのモノである。
右の手前にあるのはケーキタイル。このゲームは早押しゲームなのだが、このタイルの上に手を置くのである。
後はカード。6種類のケーキカードで、各5枚ずつ入っている。計30枚で、子供用の厚紙ではなく、アミーゴ通常のエンボスカードだ。

ゲームではプレイ人数までの種類しかケーキカードを使用しないので、それ以外のカードは箱に戻そう。ちなみに、なるべく大人数で遊ぶことをお勧めする。

残ったカードを各プレイヤーに均等に、5枚ずつ分けよう。そしたらゲーム開始だ。
cake03.jpg
レッツ!ケーキファイト!!
プレイヤーの目的は、手札のカード5枚を1色でそろえることである。そのために、各自が一斉にいらない1枚を左隣の人に渡す……。これを繰り返すのだ。
カードが揃ったらテーブル中央に置いておいたケーキタイルの上に手を置こう。

さて、ここからが本題だ!

真の目的は揃えることに非ず。
誰かがケーキタイルの上に手を置いたら、他のプレイヤーは自分の手札がどうであろうが、いち早くケーキタイルの上に手を置かなければならない。これが一番遅かったプレイヤーが、ノロマ印のケーキスタンプを手に押されるのだ。(ちょっとHABAの「そっとおやすみ」みたいですね)

ゲームは、誰かが5個目のスタンプを押されたところで終わり、その時点でスタンプの最も少ないプレイヤーが勝利する。

俺ヴァリアントとして、スタンプはもっと屈辱的な場所に押すルールを推奨したい。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
シンプルなカードコレクトゲームと思いきや、実際は椅子取りゲームのような早押しハラハラなゲームです。カードを揃えたところで勝てやしませんので、自分のところでキーカードを一式揃えておいて長期戦に持込み、他プレイヤーが疲れてきたところで、短期集中、クローザー的なキーカード放出という作戦も、オトナ同士なら良いかもしれません。

◆シャフィール
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。