スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ドゥームナイト新世紀~アミーゴエッセンの残り香とミステリウムのポンコツ幽霊

前回に続きディアシュピールでアミーゴエッセン新作の続き。
鳥男爵、シミーズ、タロ氏、ぺーガー、ワンダーフール。

◆チームプレイ
popopopp.jpg
先日紹介した「モルタールの入り口」と同作者による、同エンジンを使ったチーム戦ゲーム。手札の組み合わせで役を作るという同じようなゲームのはずなのだが、スキルがないとか、チーム戦になるとか、そっちの個性の違いの方が体感的には遥かに影響力があり、別のゲームとして楽しめた。
自分の手番で成せなかったことはカードパスで仲間に託すというのが主なチームワーク要素で、これと言って大した協力をしているわけでもないが妙な一体感は得られる。

◆ローマポーカー
popopopopo.jpg
写真がいまいちで申し訳ない。
ヤッツィーとは違うんだけど、ローマ数字のパーツで作った数字を得点として昇順に記入していく、ヤッツィーみたいな…。
とはいえ振るのが普通の出目ダイスではなく、ローマ数字パーツになったというだけでけっこう面白くなるもので…。
ゲームの終了フラグが、バースト時のサポートカードを使い切ってさらにバーストしたときか、得点シートを誰かが埋めたときか、というところも面白く、早上がりする方法はあるもののそれを目指すと自分が勝てないので戦略としてはほぼなし。(ゲーム終了時に残ったサポートカードは得点というカウンター要素まであり)
とすると頑張るしかないのだけど、意外に早くバーストするんだよね。絶妙なバランス。

◆カルマ
popopppo.jpg
SETエンタープライズの製品で、アミーゴ経由。
パレスとかカルマとか言われるトランプゲーム系の亜流。かつてクラマーが作った「8と1/2」もこんなゲームだった。

◆ミステリウム
pppopopo.jpg
始めてプレイするペーが氏を幽霊にしてプレイ。
霊感鋭いプレイヤーがそろったため、独自の降霊推理ははかどったのだが、一部の幽霊のエゴイスティックなカード廃棄的ヒント出しに批判が殺到したという。

以上
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。