スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:ボーナンザ・ファン&イージー

『ゆるゆるボーナンザ』

新規顧客の呼び込みにも余念がないボーナンザ・シリーズは、2015年になって「はじめてのボーナンザ」なるキッズ用のボーナンザをリリースした。
名ゲームながら、独特のルールと若干の複雑さで、若干敷居が高い部分も否めないボーナンザだが、「はじめてのボーナンザ」では難しいルールをいったん全て除外し、段階的にヴァリアントを加えることで通常のボーナンザが遊べるレベルまで引き上げていく内容となっていた。中々良いつくりをしていると思う。
しかし、その前身には「ボーナンザ・ファン&イージー」という少々ズッコケた初心者向けボーナンザがあったのである。

bonefe01.jpg
「ボーナンザ・ファン&イージー」は、当時ボーナンザの初心者用が出たぞということで少しだけ話題になった。しかし、肝心なルールを安直に削ってしまったために、本来の楽しさが失われたのではないかとあちらこちらで不評を呼んだのである。

bonefe02.jpg
枚数4の激レア豆が追加されているが、それ以外の面々は本家のキャラクターがヤングカルチャーに身を包んでの再登場だ。この人の絵は相変わらず良い。

基本的なルールや進め方は変わらないが、まず小さく変わっているところとしては…
・3つ目の畑を最初から持っている
・4の豆の追加
だろう。
まぁ、これの前者だけでも十分、通常ゲームより楽になる。

bonefe04.jpg
大きな変更点の1つ目は、交渉フェイズである。
通常、2枚のカードをめくり、それを使って他プレイヤーと交渉するのが交渉フェイズである。めくったカードは交渉後に残っていたら当然植えなければならないというところが難しかったのだが、ここを思い切って改変。あらかじめオープンにされているカードを自分の持ち札として交渉に使うことができるが、もし使わなくても自分のところに来ることはない。というものだ。

bonefe03.jpg
もう1つ大きいのが、1枚しか植わっていない豆でも優先して収穫する義務がなくなったことだ。
これにより、自分が育てたい豆を好きなだけ育てることが可能になった。

畑は最初から3つあり、
交渉フェイズでいらないカードが来ることもなく、
集めたいの成長を邪魔されることもない。

う~む。
限られた畑で効率よく豆を回したい!そのために交渉をする!
という、ボーナンザの優れたゲーム性の部分をそのまま消してしまっているように感じなくもない。

カジュアルプレイヤーと実際やってみると、確かにこのファン&イージーはそこまで難しく考え込むこともなく楽しんでもらえているように思う。しかし、そこからどうやって本家ボーナンザの面白さへと誘導するか、というところについては、「はじめてのボーナンザ」ほど考えられてはいない。

【評価】
   5.jpg

【所感まとめ】
難しいをシンプルにする、というよりは、引き締めどころを無くす施策がとられているため、ボーナンザを良く知る人にはかなり物足りなく感じるでしょう。最初にやるにしても、「はじめてのボーナンザ」か「通常のボーナンザ」をお勧めします。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。