スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:ローマポーカー

『ダイは投げられた』

エッセン2015のアミーゴ新作小箱も後半戦。今回は小箱ではなくダイスゲーム枠だ。
ダイスなのにローマポーカーとはこれいかに。実は、ダイスの出目がローマ数字のパーツとなっており、ダイスロールを通してできれば大きいローマ数字を作ろう、っていうゲームなのだ。

romapo01.jpg
「シャウブロッカー」、「モルタールの入り口」に続く、厚いアミーゴ小箱。
例年ダイスゲームに関しては立方体のダサい箱に入れることもあったのだが、今後はこの形で落ち着いてくれることを願う。

romapo02.jpg
このゲームの主人公であるダイス。
出目の内容はⅠ、Ⅰ、Ⅰ、Ⅹ、Ⅹ、Ⅴとなっている。
Ⅰが出る可能性が大きく、その次にⅩが出やすいわけだ。
それ以外に得点記録シートと、アクションカードがプレイヤー毎に6枚ずつ。

romapo03.jpg
ダイスの振り方はよくある“一部確定、他降りなおし”ではない。
1投目は1個、2投目も1個、3投目も1個。
振ったダイスはその場で確定されて、降りなおすことはない。
その上で、さらに振るかどうかを毎回決めるところが判断になる。

目指すのは前述のとおりローマ数字を作る事である。しかもできれば大きい数字が良いだろう。
しかし、ⅠとⅩとⅤでできる数字は限られている。
例えばⅠを4つ使うローマ数字はないので、NG。
Ⅴを2つ以上使うローマ数字もないので、これまたNG。
バーストしないように止めどころを見極めたい。

で、作った数字を得点シートにただ書けばよいかというと、そういうことではない。
シートは1人につき7段あり、最初はどこに点数を記入してもかまわない。しかしだ。そのあとに記入する際は、上から下にむけて、得点が大きくなっていくようにしなければならないのだ。同じ数字もNG。
叩きだした得点を記入する場所をどのあたりにするか。ここがまた悩ましいのだ。この順序に沿った記入ができない場合、これもバースト扱いになってしまう。

romapo05.jpg
そんな厳しい状況を救ってくれるのが、各自に6枚配られているアクションカードだ。
一部のダイスを振りなおしたり、廃棄したり、はたまたシートに記入しやすくしたりしてくれる。
ただし、一度使ったカードは二度と使えない。その上、使わなかったカードは最後の得点計算で1枚5点の価値がある。
う~む。5点分の価値を使ってまでNGの状況を救うかどうか。そこが問題だ。
というのも、誰かがすべての列を埋めるか、誰かがアクションカードを使いきってバーストしたらゲーム終了なのだ。
なんとなく、アクションカードが切れてゲームが終わる可能性が高いように思う。

何処でダイスを振るのを止めるか、というだけなら普通のダイスゲームだ。
このゲームで面白いのは、やはりシート記入の悩ましさだろう。シートの状況が、自分がどこまでダイスを突っ込むかに影響する。ⅠとⅤは、Ⅵではなく、Ⅳにする意味を作った点も素晴らしい。
アクションカードを使えるのはバーストしたときだけ、というのも地味に大切な要素だ。

【評価】
   7.jpg

【所感まとめ】
ダイスゲームは一定のパターンのルールになりがちなのですが、まずはそこからの脱却があるという点で、評価できるゲームです。ダイスの組み合わせがシートに記入され、シートに記入された内容がプレイヤーを追い詰めてきます。ローマ数字を使うアイデアも面白く、秀作ではないかと思います。おすすめです。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。