スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

BG紹介:オール・マイ・アニマルズ

『ゆるふわ動物博士』

アミーゴのイエローシリーズに幾つかある‟「オール・マイ・~」シリーズ”の一角、「オール・マイ・アニマルズ」はキッズ向け定番ネタの一つである‟動物トリビアゲーム”だ。カードの表に動物の絵が描かれて、裏にステータスが記載されている、あの類のゲームである。

alle204.jpg
毎年数本のイエローシリーズをリリースするシュタウペ先生。
キッズゲームなので大胆な仕組みは期待できないものの、これだけ継続してシンプルゲームを出し続けられるのがすごい。
イラストはイエローシリーズ&シュタウペ作でおなじみのフロイデンライヒ夫妻。

alle203.jpg
中身は動物トリビアゲームによくあるカード群。イエローシリーズなので厚紙質。
パッケのイラストとカードのUIはフロイデンライヒ氏だけど、動物のイラストは別。この手のゲームはイラストが図鑑みたいなテイストのことがほとんどなんだけど、何かルールでもあるのか、少しでも勉強している感があった方がいいのか。

さて、みなさんのご想像どおり、このゲームは各種動物のステータスを予想して回答する、動物クイズの一種である。とはいえ、シュタウペ先生もゲーム作家。回答方法はちょっとパズルゲーム風味。

alle202.jpg
動物カードはイラストを表向きにして3×3に並べられている。
手番になるとお題カードが与えられるのだが、そのお題とは…
・体重(昇順)
・身長(昇順)
・絶滅危惧種(全てがそうか否か)
・群生するか(全てがそうか否か)
である。
このカードを、縦列か横列か斜めか、いずれかの直線で条件の合うと思うところに置く。

alle201.jpg
裏返して答え合わせ。
正解だったらカード1枚をゲット。
これを繰り返し、5枚集めたプレイヤーが勝利する。
う~ん、平凡!

【評価】
   4star.jpg

【所感まとめ】
同じ系統のゲームはすごく多いので、もう少し差別化できる部分があってもよいかもしれませんが…。イエローシリーズはだいたいこのくらいの遊びやすいゲームにまとめられています。


| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。