スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:クイーンズ・ネックレス

「クイーンズネックレス」は宝石商になって王室と取引するカードゲーム。
宝石を売り込むには手持ちの物量はもちろんのこと、時には王室キーマンを買収
することも必要である。
2人?。

IMG_1118.jpg

デイズ・オブ・ワンダー社はとにかく製品の質が良い。
カードゲームのわりに箱が分厚いけど満足感がある。

コンポーネントは基本的にカードだが、これがやたらとデカイ。
先日紹介した「ギャング・オブ・フォー」と同サイズだろうか。

カード以外にも宝石タイル、リング、さらにネックレスなど明らかに余分な豪華
さを伴ったコンポーネントが入っている。
まさにデイズ・オブ・ワンダー色だ。

IMG_1119.jpg

ゲームの基本は場に出ている宝石カードを購入して、合計3回ある売却市で上手
い事お金に変えることである。
一番の金持ちになったプレイヤーが勝利する。

手番では10デュカット分までカードの購入ができて、お釣りは戻ってこない。
効率よくカードを購入する事が基本である。

IMG_1121.jpg

購入する宝石カードは常に場に5枚出ている。
実は宝石カード以外にキーマンカードがある。彼らは買収する事により様々な効
果がある。

カードの右側に並んでいる数字が購入にあたる価格。
で、金色のリングが乗っている部分が現在の価格。
購入されなかったカードの価格は、誰かの手番が終るごとに1つずつ下がる。
あまり下がりすぎると場から消えてしまうが、需要が低いカードは値が下がると
いう商売の基本が抑えられているわけだ。

IMG_1122.jpg

山札から商人カードが出てきたら売却市の始まり。
各自がこの時点で売りたい商品を場に出す。ただし他の人と売りたい商品がバッ
ティングしたら、より多くその商品を出していたプレイヤーが売却できる事になる。
明らかに他人より持っていなそうな宝石は温存しておくのが良いだろう。

IMG_1123.jpg

また、各宝石の価格は常に変動している。
要素は
・ラウンド開始時の流行
・売却市での希少性
の大きく2つ。

流行している宝石は全てのプレイヤーが売りたがるので、希少性が薄れたりする
わけだ。
総じて宝石の価値はちょうどいい範囲でバラけることになる。

基本的なゲームのやりとりは以上。
ただしこのゲームの勝敗を左右するのは強烈な特殊効果を持った人物カードである。
宝石をただで没収する「王様」、相手にカードを失わせる「盗賊」や「贋作師」。
誰が何のカードを購入したのか覚えておく事も重要だ。

わざわざ実物まで付属している「クイーンズネックレス」のカードは極悪な「王
様」カードを返り討ちにしてさらに追い討ちを掛ける強烈カード。
確かにこのカードが活躍しないとこのゲームは盛り上がらないかも。

【所感】
大きなカードや金のリングなど、一瞬カードゲームとは思えない意気込みを感じ
るコンポーネントが特長です。
基本的には売却市での読み合いがメインで、それ以外は地道に他人の購入物をみ
て、流行をみてって感じの準備っぽい感じです。
個人的にはネックレスなんかつけるよりお金チップを入れて欲しいんですが。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。