スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:イスファハン

「イスファハン」は、中東の大都市”イスファハーン”の繁栄ぶりをテーマにし
たゲーム。
プレイヤーは商人となるが、目的はお金ではなく王様のおめがねにかなう事。
うまく立ち回って王様へのアピール点を稼ごう。

IMG_1262.jpg

かなりでかい箱なんだけど、それほど中身は詰まっていない。
高価なわりにやぼったいイラストがもったいない気がするけど、このまったりし
た箱デザインがゲーム内容を象徴していなくもないと思ったりする。

コンポーネントは盛りだくさんだが、目を見張るのはかわいい木製ラクダチップ
だろう。この懲りようが値段にも響いている。

IMG_1245.jpg

ゲーム全景。
イスファハーンといえばイマーム広場とか例のモスクが有名なところ。
だけどボードはなんやら良くわからん街。なんでも商店街らしい。

先に紹介したとおり、ゲームの大まかな目的は王様へのアピール点を稼ぐこと。
基本的には自分の商品を商店に配置して、同じ色で示された商店街を独占する事
で得点できる。
街は4つの区画に分かれていて、それぞれ商品の置き易さが違う。
置き難い区画の、かつ商店の数が多い商店街ほど独占したときの得点が高い。
※商品を出している商店街でも、独占していないと得点できないから注意だ!

IMG_1263.jpg

もう一つの主な得点源はキャラバン。
商隊のラクダに自分の商品を置く事で、王様に一目置かれるのだ。
キャラバンの得点は初めのうちは小さいが、いざ商隊出発の時になると中々の影
響力があるので捨て置けない。

キャラバンへ商品を置くには、自分が商店においた商品に王の代理人が目をつけ
る必要がある。つまり、
・キャラバンへ送る前に、まず商店に商品を置かなくてはならない。
・商品の置いてある商店に、王の代理人がぴったり到着しなくてはならない。
という条件を満たす必要がある。
きびしいルールだが、送って置いて損は無いぞ。

IMG_1264.jpg

このゲームで最も特徴的なのはダイスによる行動選択肢の生成だろう。
毎ラウンド親になったプレイヤーは9個のサイコロを振り、行動選択枝ボードに
振り分ける。

一番小さな数の出ているダイスはまとめて「ラクダ」の選択枝スペースへ。
一番大きな数の出ているダイスはまとめて「お金」の選択枝スペースへ。
それ以外は下から各区画を表す選択枝スペースに置かれていく。
同じ出目のダイスは同じ選択枝スペースに入れるので、場合によっては空の選択
枝スペースも出てくる。
空になった選択枝スペースを選択することはできない。

こうしてこのラウンドの”選択肢”と”選択枝ごとのダイスの数”が決まったら、
親から順番にどのアクションを行うかを選んで実行する。
基本的にはダイスの数が多い選択枝ほど効果も大きい。

IMG_1266.jpg

お金とラクダはゲームに役立つ公共施設を建てるときにも必要になる。
公共施設の効果は結構大きいので早めに建てると断然有利である。

こうして21ラウンド(ゲームでは3週間を意味する。)を終えたら最終的な得点
計算をして勝敗を決する。

”運”による気軽さと”マネジメント”する楽しさが両立。
行動はダイス運に左右されるものの、その中でいかに効率よく商売するかという
ゲームかな。

【所感】
良いゲームです。
発売元であるイスタリは「ケイラス」とか、非常に難しいゲームを出すイメージ
があるんですが、「イスファハン」は初心者でも頑張ればできそうな気がします。
ただ公共施設を含めて勝つコツみたいなものが随所にあったりするので、所見で
はその辺のヒントが必要だと思います。
個人的にはこの価格帯でダイスゲームというのが新鮮でした。
しかしなんでこんなにおもしろいんでしょう。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

イスタリのゲームにしては非常にあっさり
サクサクと進みます(45分ぐらいで終わる?)
これはやはりダイスによるところが大きいですね
これがもし「競り」等でアクションを選ぶとなると・・・
2008/04/22(火) 23:33:58 | URL | 鬚親父 #-[ 編集]
競りという要素が入る時点でゲーム感や経験が必要になりますしね。なにより時間を短縮させてその辺りの複雑な駆け引きを取っ払ったというのがポイントかと。
2008/04/23(水) 12:44:19 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。