紹介:スペースビーンズ

「スペースビーンズ」はいわゆる豆類ではあるものの、テーマがSFのせいか、あ
れとは違った味わいを感じることができるゲームである。
基本はボーナンザのように豆を収集するのだが、手札管理が不思議なルールになっ
ているため妙な浮遊感がある。
HABA吉等、女性陣にもなぜかウケがいい。

IMG_1669.jpg

Amigoカードゲームなのでいつもの通り。
カードイラストはどれもSF映画のパロディで、贔屓の映画モノなんかは何とか収
集したいと思わせてくれる。

IMG_1671.jpg

このように基本的には自分の前に豆を収集するので、ボーナンザに似ている。
ただし2列目は裏にして秘密裏に収集する。

また豆の収穫に伴う得点計算は独特で、
「収穫するときの枚数に応じたカードを持っていると、そのカードの数字だけ得点」
となる。
つまり、8枚で収穫するときは8のカードを持っていると8ポイントとなる。
まぁ細かい所を抜きにするとそんな感じ。

IMG_1680.jpg

前述したとおり特徴的なのは手札のめぐり。
なんと手番の最後には、自分の手札全てを右隣のプレイヤーに渡さなければなら
ないのだ。そして、手番は時計回りに左隣のプレイヤーに移る。
このホワホワした手札感がSFチックなノリを演出する。
あいつがあのカード集めてるから、ここで使っとくべきかなぁとかも。

収穫ポイントが規定数を超えたプレイヤーが出てきた時点で全員が精算を行い、
トップのプレイヤーが勝利。

IMG_1683.jpg

基本は3人以上向けだと思うが、2人でもおもしろい。
もちろん伏せて置いたカードも結構バレバレだったりするのだが、それはそれで
結構味のあるプレイになったりするのだ。

【所感】
やはり手札感覚の不思議さが特長のゲームだと思います。
人数が多いほど調整は難しいので手番で山札から引くカード頼みだったり。
妙に新しいこのプレイ感がSFというテーマに妙にマッチしているような気がします。
私は好きです。
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

コメント

こんばんは~
豆いいですよね。
特に宇宙豆は手札を他の人に渡すというのが
変わっていてすきです。
2人でもプレイしてみましたが、充分楽しめました。
2008/06/27(金) 00:28:01 | URL | ふうか #3fIBvpkA[ 編集]
ふうかさん こんにちわ
そうなんですよね、2人で遊んでもおもしろいのがまた不思議です。
2008/06/27(金) 12:41:04 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
最近このゲームの話を何故か良く聞くぞ。。。えにしというものか。
カードは手番と逆周りに回すのですね~。
ようやくそういうゲームか見えてきました。感謝です^^
2008/06/28(土) 00:08:26 | URL | ふくち #-[ 編集]
ふくちさん こんにちわ
うちでも1年前の重版時にブームが起きました。
いまでもボーナンザと同じくらい遊んでます。

ルールが簡単なのが良いです。
2008/06/28(土) 11:30:11 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する