スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:紀元1701・カードゲーム

紀元系ゲームは気になってはいたものの、カタンライクだというので特にこれま
で持っていなかった。
でもカードゲーム版が出るという話を聞いて、嵩張らないのであればということ
と、カードイラストが綺麗めだったので導入。「紀元1701・カードゲーム」だ。

IMG_1702.jpg

KOSMOS2人用サイズ
ボックスの絵は非常に美麗。
しかしカードイラストはPCゲームからのキャプチャだった!
なんだよ?。まぁいいけど。

つまり、実はPCゲームからアナログゲームになったものらしい。
DS版とかもあるらしいぜよ。

IMG_1704.jpg

これが初期配置。
プレイヤーが向かい合って、それぞれの開拓地を発展させていく。
はじめは先駆者でしかない住民を、入植者、市民、商人へとアップグレードさせ
て得点を増やしていくのだ。
基本的にはカタンなので、この得点が規定点数を突破したら勝利となる。

IMG_1707.jpg

まずはでっかいサイコロを2つ振る。
数字のサイコロで獲得する資源を決めて、マークが書いてあるサイコロからは発
生するイベントを決める。
サイコロで起こるイベントは結構強烈で、火事などが起こるとゲームオーバーの
可能性もありシビアな内容になっている。

資源を獲得したら対応する地形カードを回転させる。これにより今どれだけその
資源を持っているかがわかるようになっている。

この資源を使って交渉をしたり、建築物を建てたりしていくくだりはカタンと同
じである。ただし特殊能力を持つ得点外の建築物が多く、それがこのゲームの色
になっている。「サンファン」みたいな感じだ。

IMG_1708.jpg

そしてもう一つ、”航海”がこのゲームの大きなポイントだろう。
プレイヤーはターンの最後に航海に出ることができる。これによってしか手に入
らない材料が、住民のアップグレードにも必要になる。
航海は当たり外れのある航海カードを1枚1枚めくって実行していく。

航海中は海賊に襲われたり天変地異にあったりするのでなかなかハイリスク。
ゲーム中はこれに備えるため、船のスピードをあげたり、状態をよくしたり、大
砲を増やしたりすることができる。
っていうか、半分はこの航海準備に費やされる。

IMG_1709.jpg

他には大砲をたくさん持っている事による制海権や、
商業力による商業特権という要素がある。これらもえげつない影響力を持ってい
るので意識しておきたい。

基本カタンといえど、このゲームの本質は"航海"を楽しむことだと思う。
手番の最後にチャレンジできるくじ引きに、ワクワクしながら挑むのだ。

【所感】
ルールはそんなに難しくないと思いますが、やはりカードテキストの多いゲーム
はコツを掴むのに時間がかかります。そもそもカタンが割に難しいゲームだと思
いますので、まったく知らないところからだと敷居は高目かも。
あと、かなり場所をとります。カードがデカすぎるよ!
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

めっちゃ面白そうですね^^
ただテキストが・・・根気が・・・
2008/07/01(火) 23:58:23 | URL | ふくち #-[ 編集]
そうなんですよねぇ。わたしはざっと解読したので覚えてるんですが、シールを作る気力までは無く。

なんというか、これはかなりゲーマーズな感じがしました。
2008/07/02(水) 01:05:03 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。