スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

0802西東京通信

今日は朝早くからポニョを観にいく。
「すごいけど意味不明」とか、「子供向けになりきれないシュールさ」とか、
かなり微妙な前評判で、まぁそんなもんなのかなぁと覚悟していたんだけど・・・。

これはすごい。
個人的に宮崎駿と言う人は、アニメとか漫画とか、そもそも映画とかでもなく、
児童書の世界の人だと思っていた。
だからこの作品の世界観にも、設定にも、まったく違和感はなくて
むしろ、よくぞここまで抽象的な物語を、忠実な描写で描ききったと、そう思いました。
ヨーロッパのアニメとかでも昔からあったとおもうけど、映像でここまできたってのは、僕の記憶には無い。

物語はすばらしく古典ながら、現代らしさがウネウネと入り混じる。
すさまじいバランス感覚。

かつてル・グウィンが「トトロ」と「千と千尋」に感じたという”描写”が、この作品にはあると思います。
正直自分は、2時間丸々感動してました。久石譲の”いのち”を感じる劇伴は見事です。今までで一番の仕事かも。(言いすぎか。)
崖の上のポニョ サウンドトラック崖の上のポニョ サウンドトラック
(2008/07/16)
久石譲林正子

商品詳細を見る


懐が明らかに深く、頭を使えば原典も見えてくるでしょうが、そんなことしていてはこの映画がもったいない。衝撃的だった。
この感覚、最近は児童書からも見受けられなくなったかも。
大人に評判が良くなくてもしょうがない。でも、子供には観せてあげてほしい。

ま、海長の感覚にドンピシャだっただけかもしれないけど。
※ただし、所ナントカさんだけはフォロー不可能。

で、その後、お約束していたふくちさんのもとへ。
プレイスペース柏木にははじめて。
着くとタリスマンの説明が始まっていて、申し訳なくふくちさんと同キャラを演じさせていただきました。
今日はこの「ポニョ」⇒「タリスマン」のギャップに苦労しました^^
なかなかノリに着いていけず、申し訳なかったです。

さて、騎士の算術ラリーやろっと。
| trackback:0 | commnet:6 | BACK TO TOP |

コメント

いや、こちらこそいきなりですませんした!
でも一緒に組めて楽しかったですぜ。
なかなかできない経験です。
海長さんのゲームの考え方も見せてもらえたし(逆に私の適当さもしっかり見られてしまったと思いますが・・・)あと、海長さんのダイス運は・・・うん。

これに懲りずにまた遊んでくださいねー
2008/08/03(日) 00:53:15 | URL | ふくち #-[ 編集]
ポニョ絶賛ですね。私も早目に観たいと思います(怖いもの見たさ感も少々)。でも夏休み中は混みそう。
2008/08/03(日) 01:49:01 | URL | hirocean #-[ 編集]
>ふくちさん
いやぁ、何をやってもだめでしたね。
まぁそんなもんでしょう。

駄目だとわかっていながらダイスを託すとは何事か!

>hiroceanさん
おっとっと。これはちょっと言いすぎましたかね。
一般的にはかなり人を選ぶんじゃないでしょうか^^
ただ、これまで見てきたレビューはどうも私の感覚とかけ離れていたので、些細なフォローという意味を含め。

私も児童書とか絵本好きでなかったら、この作品はあんまりだったかもしれません。(意味不明といわれる部分が、児童書や絵本での古典的パターンだったりするので、その辺がいい加減に見えてしまうか否かというのもあると思います。この物語は、細かく説明したら意義がないと思うわけです。その代わり、子供達が想像をめぐらせるだけのスペースがしっかり確保されているというか。)

とはいえ、そういう趣味のある人でも嫌いな人がいそうな、なんとも奇抜な映画です。

込んでますよ~!ちびっ子でいっぱい。
できれば音の良い所で、予約して観て下さいな。
2008/08/03(日) 13:28:30 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
託して(押し付けて)ごめんなさい!
だって私のダイス運のほうがよっぽど・・・うん。

でもそのおかげで3キャラを使えてそれはそれで楽しかったです。
2008/08/04(月) 22:52:28 | URL | ふくち #-[ 編集]
オビ湾さん(いや、海長さんというべきでしょうか)初めまして…って、実はgioco del mondoさんのリンクからちょろちょろ遊びに来ていたのですが、今までずーっと読み逃げしてました(汗)。
すみません!
今までも何度かコメ書きたいっと思うことがあったのですが、タイミングを逃してばかり…今回だって、あまりにも過去の記事で申し訳ないのですが、「オビ湾さんに賛成ですー!」と叫びたくて掘り返してしまいました(笑)。

ウチには、幼稚園児と幼稚園前の子どもがいるのですが、先日2人を連れて初めて観に行った映画がポニョ。
感想は、オビ湾さんと同じ感じで「大人、特に恋人同士にはつらいだろうな」と思いましたが、わたしはものすごく感動しました。
海のあの動き…1号は「ポニョみたいに海の上歩きたい!」といいましたが、わたしも同感(笑)。
宗介くんとポニョのやりとりもさることながら、宗介くんのお父さんとお母さんのやりとりもいいなぁと…一緒に暮らしていると、ついつい忘れてしまう「大好き」という言葉がそこらじゅうにちりばめられて、映画の後みんなに「大好き!」って言いたくなりました。
2号もすっかりはまってしまい、サントラ注文してしまったぐらいです(笑)。

ちなみにわたしは…スターウォーズ大好き(ハンドルネーム、レイアにすればよかった・笑)インディジョーンズ大好き、で、実はオビ湾さんとかなり重なってます。
これからも、ゲームの話(こちらのサイトを見て、がんばれカメくんでしたっけ、あれ買っちゃいました)と映画の話楽しみにしてます。
2008/08/26(火) 00:56:02 | URL | 紺碧 #-[ 編集]
紺碧さん はじめまして!こんにちわ
私もgiocoさんのBBSやブログで読み逃げしてましたよ^^

ポニョ~~。良いですよねぇ。私もサントラ買いましたよ。
深海牧場とか、とっても良い曲です。
私は宮崎アニメに出てくる登場するおばあちゃん達が好きで、イメージアルバムも買っちゃいました。こっちにしか「ひまわり園の輪舞曲」が入ってないんですよぉ。

宮崎さんはこれで最後かもしれませんが、わたしゃー満足です。感じることの原点に戻ってくれたことが、本当にうれしかったですよ。

まったく関係ないようにも見えますけど、インディやSWだって、その辺では共通だと思うんですよ。愛情です。

おぉ!がんばれカメ君ですか。
一生モノですぜ。
2008/08/26(火) 12:53:22 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。