紹介:オガララ

例になく小さいカードがかわいい「オガララ」。
奪い奪われ、カヌーの上で繰り広げられるお宝サバイバルゲーム。

IMG_2039.jpg
いわゆるAmigoカードゲームのサイズ。
中身のカードはかなり小さく、普通の半分くらい。
というのも、ゲーム中はこのカードを山ほどテーブルに並べなければならないの
だ。

IMG_2040.jpg
小さなカードの山札を3つ。
カードにはカヌーの一部が書かれていて、インディアンが乗っているものや、お宝が乗っているものなどかなり多彩。
基本的には山札からカードを引いて、自分のスペースに置くことを繰り返す。

IMG_2041.jpg
引いたカードは自分の前でカヌーが形成されるように置いていく。
縦と横は3×14という制限あり。
特定のカードを引くまでは手番が終わらず、ひたすらカードを引き続けることができる。

カードの上に数字があるものはインディアン系で、そのカヌーの戦闘値が上がる。
カードの下に数字があるものはお宝で、ゲーム終了時に得点になる。

IMG_2044.jpg
引いたカードが投げ縄インディアンなら、他プレイヤーのカヌーからカードを盗んで自分の船団に加えることができる。
他にも他プレイヤーのインディアンカードを葬れる弓矢インディアンなどがある。

IMG_2045.jpg
最悪なのは狂人インディアンカードを引いてしまった場合。
これを引いてしまったら、自分の完成しているカヌー(船首・船尾含む)が1隻丸まる沈没してしまうのだ!
完成しているカヌーが無ければ大丈夫。
リードしている人ほど嫌なカードだ。

IMG_2043.jpg
そうこうしているとどんどん船団が広がっていく。
だれかが3隻以上のカヌーを完成させるとゲーム終了の可能性がでる。

また、このゲームでもっともエキサイティングなのが”海賊行為”である。
これは、自分がカヌーを完成させた際に、その戦闘値の合計よりも低い戦闘値をもった他プレイヤーのカヌーを襲うことができるというもの。
襲われたカヌーは沈没。インディアンカードはすべて捨て札となり、お宝カードはなんと襲ったプレイヤーにぶん取られてしまうのだ。
※トーテムポールを積んでいれば無効というルールもあり。

IMG_2042.jpg
勝負の決め手になるのはセットもののお宝カード。
2枚セットで得点が倍。3枚セットなら得点が3倍!
これをしっかり確保できるかどうかが肝。ただし投げ縄で横取りされやすいので注意。

早く船を完成させたいけど、その前に十分戦闘値もあげておきたい。
不安定なお宝は海賊行為であっちへこっちへ奪われ放題だぞ。

【所感】
カードをたくさん並べてカヌーを作っていくのがなんとも楽しいゲームです。
ただし奪い合いはかなり激しくなるので、最初から計画的に、頑丈なカヌーを作っていくのが大事。
大人数でやると、かなりのスペースが必要になると思われます。
| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する