スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

紹介:カルカソンヌ・メイフラワー号(新天地)

「カルカソンヌ・メイフラワー号(新天地)」は文字通りアメリカ大陸開拓をテーマにしたカルカソンヌの新シリーズ。メイフラワー号はご存知アメリカ(永住)移民船の第一号だ。

IMG_2320.jpg
これまでのイラストチックな見た目から激変。
テーマが近代の歴史的になって幾らかリアリティを増した分、イラストの類も描き込みに力が入ってリアルになっている。とても綺麗だ。
※タイトルはRioGrande版だと「NewWorld(新天地)」になる。

IMG_2323.jpg
前述したとおり今回はテーマが具体的。
新大陸への移住+西への開拓になるため、初期タイルはなんと縦長の東海岸なのだ。“得点ボード付き東海岸”はこのゲームのウリだろう。

IMG_2325.jpg
ルールの基本的は「カルカソンヌ」。
ただし草原の得点が城には関係なく、動物マークの数になる。
これによって草原の得点計算が単純化されるので個人的にはグッド。
さらに道に交易所による追加得点が加わった。
あと、駒の英国人っぽさがかわいい。

IMG_2329.jpg
そしてここからが「メイフラワー号」の特徴。
だれのものでもない白い開拓者駒2個と、彼らの作る西と東の境界線だ。

まず、白い開拓者駒と同じ列(縦)にいる自分の駒が得点を発生させた場合、通常の得点にプラスアルファでボーナスが入る。
また得点計算が発生する毎に、“最も東にいる白い開拓者駒”が1列分西へ移動する。

また、“最も東にいる白い開拓者駒”が移動した際、その駒より東側に配置されていた開拓者駒は全て持ち主の手元に撤収しなければならない。(草原に置かれた駒は例外。)
これはおそらくフロンティア・ラインの再現だと思う・・・・。
まぁ、暗いこと考えるのはよしましょう。

IMG_2331.jpg
とにかく、西へ西へ開拓を急がなければならないというわけ。
これまでのようにどっかりとデカい城を作ってる暇はない。
テーマに合わせた豪快なシステムが好感触。

ボーナスがかなり大きく、またそれを逃したときのダメージもでかいので得点に差がつき易いかも。

【所感】
カルカソンヌではあるものの、さっさと回収して駒を西へ持っていかないといけ
ないプレッシャーがあり、結構プレイ感が異なります。
少なくとも見た目はタイトルに相応しく、“テーマにルールを引っ張り込む”様な意気込みが好感触です^^
利益の共通しているプレイヤー同士は話合いつつ協力し合うのがよいかも。
| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

こんにちは。
先日木曜の会でプレイさせていただいたんですが、
英語版とドイツ語版で、かなりルールが変わっている箇所があるようですね。
そんな話を聞きました。
プレイした印象は、ほぼカルカソンヌでも若干えげつない(笑
でした。
2008/10/04(土) 08:15:48 | URL | ふうか #3fIBvpkA[ 編集]
ふうかさん こんにちわ
あれ。ルールちがったりするんですか。確かにBGGでそんな話が書いてあったような。(なんか今見れなくなってますが。)
プロの翻訳者が文意を変えるようなことは手間的にもリスク的にも無いと思いますから、わざとかもしれませんね。

実はNewWorldのルールもバージョンによって記載が異なってるのを発見しまして、もうてんやわんやです。
かなり笑える画像のミスがあったりしますし。
これはもう、各々好きなように遊ぶしかないかなと^^

しかしフロンティア・ライン・システムは結構冒険してますよねぇ。これ、協調性無く西へ行くプレイヤーが出てくるとゲームにならない可能性すらあるんじゃないかと。
その辺がドイツ語版でフォローがあったらなぁ~と、ちょっと期待。
2008/10/04(土) 11:00:18 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。