紹介:パクルー『シャクルー編』

メビウスおやじさんのブログによると、イギリスのマインドスポーツ総合競技の種目にもなっているという「パクルー」。
遊び方は難易度別に「シャクルー」<「アザクルー」<「パクルー」の3種類があり、最初は一番簡単な「シャクルー」から初めて順にこなして行くとルールを飲み込みやすくなっている。
今回は基本ルールを飲み込むための遊び方とも言える「シャクルー」の紹介。
(アザクルーを紹介するのには、もう少し経験値を積む必要がありそうなのだ。)

IMG_2613.jpg
厚みはあるものの、思うよりは小型の箱に入っている。
箱の中にはさらに4色の小さな箱が入っていて、その中に各色の駒が入っている。
この収まりの良い箱類はポイント高め。(他のゲーム箱との相性は悪めだけど・・・。)

IMG_2615.jpg
ボード全景。写真は2人プレイの初期配置。
ボードには駒をおくマスが書かれていて、3×3のボックスが9個集まっている形だ。
プレイヤーが動かす駒は矢印っぽい形をしていて、シェブロンという名前らしい。
やけに格好いい名称。

IMG_2617.jpg
手番で出来ることは、シェブロンを“一マス動かす”ことだけ。
動かせるのはシェブロンが向いている方向か、45度の斜め前方のみ。
そして移動した先に自分の色のマーカーを置く。

このマーカーの数が最終的な得点とイコールになる。
自分のマーカーが置かれたマスには入ることができるが、他プレイヤーのマーカーが置いてあるマスや、他プレイヤーのシェブロンが置いてあるマスには入ることが出来ない。

IMG_2618.jpg
また、通常の移動後は向きを調整することができないが、3×3のボックスから他のボックスに跨いで移動した場合にのみ、移動後に45度向きを調整することができる。
シェブロンは思うより融通が利かないので、これを意識しながら動かすことが大事っぽい。端に向かって移動していると、うっかり動けなくなることがある。(アホなだけ?)

IMG_2620.jpg
全てのシェブロンが動けなくなるか、もうマーカーが置けない状況になったらゲーム終了。マーカーの多い方が勝ち。

このとおり「シャクルー」はとても簡単なルールで初プレイでも押さえどころがなんとなくわかるのだが、「アザクルー」以降は特殊な動きやアクションが増えるので途端に奥行きが深くなる。
移動も一マス以上が可能になるので爽快感も増。

【所感】
見た目どおりのアブストラクトゲームです。
「シャクルー」は簡単なので万人向けのファミリーゲームと言えるでしょう。
木製の駒やシンプルなボードは好感度高めです。
シャクルールールだと劇的な逆転劇などはおきにくい感じです。
「アザクルー」はもう少し勉強してから書きます^^
| trackback:0 | commnet:4 | BACK TO TOP |

コメント

これはまだ未プレイなんです。
アブストラクトは苦手なので、ついつい後回しに・・・(苦笑
今は棚の隅で見つけた、なぜあるのか忘れた
スターウォーズのカードゲームセットを見つめています(笑
2008/11/07(金) 00:39:09 | URL | ふうか #3fIBvpkA[ 編集]
そ、それはひょっとして、タカラ製コレクションカードゲームってやつではないですか?セットということは、あの2人用セットではないでしょうか?

ふうかさん!捨ててください!
2008/11/07(金) 12:40:21 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
そ・・そんなに危険なゲーム!?
そう言われるとますます・・・(ぉぃ
2008/11/07(金) 13:22:14 | URL | ふうか #3fIBvpkA[ 編集]
ゲームにかかわらず、国産のスターウォーズ企画物にあたりなしです。
2008/11/07(金) 23:07:11 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する