紹介:お宝はまぢか

「お宝はまぢか」はちょっと変わったすごろくゲーム。

IMG_2642.jpg
HABA中箱。
内容物はボードと木製駒とサイコロ。あ、それに流木?かな。
海賊キッズ達が宝島に向けて出発!

IMG_2643.jpg
これがボード。
「ドラダ」に似た感じのマスになっていると思う。
自分の色の海賊駒を4つとってスタート地点に置いてゲームスタート。

IMG_2645.jpg
サイコロをふって出た目の数だけ、自分の海賊を進める。
自分の駒であればどれを動かしてもOK!ただし海のマスに落ちたらスタートに戻らなければならない。
写真のように船のマークが出たら1?5の中から好きな数字を選べる。

IMG_2647.jpg
動いたマスに他の駒があったら、その上に置ける。
下になった駒は上がどいてくれない限り動けなくなる。
動かす駒の選択肢が減るので、上に乗られるのは結構痛いぞ。

IMG_2649.jpg
普段は4つも動かせる海賊があるので早々海に落ちることはないが、前述のとおり誰かに乗られたりするとやむなく転落という事態に陥るようになる。
海に落ちた海賊はスタートに戻り、落ちた場所には流木が置かれることになる。
この流木の上には乗れるようになるので、後から通る海賊は楽になるのだ。

IMG_2651.jpg
ゴールに着いたら?と書いてある宝箱の上から順に置かれていく。置かれた宝箱の数字がそのまま得点。数字は?まであるので、最大得点は5番目に到着した場合の5点だ。
早く着けばいいってもんじゃないわけだね。

落ちたら駒を排除とか、いろいろヴァリエーションを導入して難しさを調整して楽しもう!

【所感】
シンプルなすごろくゲームですが、落ちないことを考えたり、5着ぐらいになることを考えたりと、なかなか悩ませてくれます。もっとシビアらしい「ドラダ」もやってみたいです。
駒とボードがとてもかわいいし、HABAの中でも値段とのバランスが良く、お勧めです。

★洋々雑記:お宝だ!
| trackback:0 | commnet:6 | BACK TO TOP |

コメント

このゲームは12月にプレイする予定で待機中です(笑
ドラダも待機中のままかなりたってます。
プレイしたいゲームが増えてくると、追いつかないのが現状で・・・(苦笑
2008/11/09(日) 23:45:20 | URL | ふうか #3fIBvpkA[ 編集]
12月・・・!!^^
予定がつまってらっしゃいますねぇ。

しかしこれ、一般ファミリーに売れるには見た目が地味ですかねぇ。
2008/11/10(月) 15:52:25 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
HABAっぽくて好きなんですけどねぇ>箱
なかなかHABAの番がまわってこないうちに、黄色い箱がすごいことになってます(苦笑
2日たっぷり遊んでも終わらない気配・・・
お正月こたつに入ってプレイしますw

ちなみに・・・ブントルントは1年くらい眠ったままです(爆
ルールも短いので、後回しにしたら順番が・・・
2008/11/11(火) 10:24:37 | URL | ふうか #3fIBvpkA[ 編集]
ブントルントはアレですわねぇ。ウイニングムーブスの箱センスがいけないんじゃないでしょうか。
こう、「やりたい!」って思わせる感じにしないと。
umechiさん情報で私もなんとなくルールはわかりましたが、もうちょっと他ゲームと親和性の高い箱デザインを希望しますよ。
2008/11/11(火) 12:43:12 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]
やっと、昨日プレイしてきました。
これ、面白いですねぇ。
ただ、海に落ちたら死ぬ方でプレイしたんですが、スタートに戻るルールのほうだと、かなりプレイ感も変わるんでしょうね。
子供とやるなら、スタートに戻る方かな。
2008/12/22(月) 15:47:53 | URL | umechi #GMs.CvUw[ 編集]
そうですね。スタートに戻る方はわざと落ちたほうがよさそうなタイミングなどがあるので、プレイ感は結構かわると思いますよ。
もっと国内で販売されるといいなぁと思いますよね。
2008/12/22(月) 22:09:59 | URL | 海長とオビ湾 #-[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

海長とオビ湾

Author:海長とオビ湾
motto:物より心
webmaster:ALOHA! Maura Kalusky FANLOG

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

比類なきリンク先

このブログをリンクに追加する